不倫する女とサレ妻...友達同士の2人が選んだ未来とは「女ともだち」最終話

恋愛や結婚、不倫......揺れる女性たちの心を描くドラマ「女ともだち」最終話。
流産してしまったセツ(原沙知絵)は、不倫相手(袴田吉彦)と別れて仕事でイタリアに行くことを決意。一方、ちさと(磯山さやか)は不倫した夫(竹財輝之助)を許すつもりはなく、いまだに夫は家を出たままでした。それぞれの相手との関係はこのまま終わってしまうのでしょうか。はたして、2人が最後に出した結論は?

配信終了日:2020/08/02 01:25

最終話では、ダイニングバーでちさとと一緒に働く青年・亮(須賀健太)の恋愛観が初めて描かれます。亮の恋愛に対する考えにふれるなかで、セツとちさとはそれぞれの大人の恋に決着をつける決意を固めます。
お互いに「何度も浮気する夫を許すなんて」「不倫相手との不毛な関係を続けるなんて」と、心の奥底では思っていながらも、幸せになってほしいと願っている"女友達"。お互いの言動を全部は理解できなくても味方でいたいと思いあえる、そんな魅力的な関係が伝わるラストです。