seabirth「I might」
再生

ブラウザーで視聴する

seabirth「I might」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

seabirth「I might」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
seabirth「I might」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
seabirth「I might」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
seabirth「I might」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

seabirth「I might」

ノスタルジックでドリーミーなギターアルペジオとグロッケンの絡み合うハーモニーから始まるイントロは、まるで睡眠導入剤のように夢世界へと誘い、トロンボーン、チャーチオルガン、ベース、ファズギター、様々なサウンドが混ざり合うことで物語は色彩を帯び具現化して行く。互いに喪失感を囁く男女ツインボーカルはやがて北欧の雪原で踊り明け暮れるような躍動感を帯びて行き、プラハの夜、ラップランドのカーモス、アンデルセンの童話、アイスランドの荘厳な情景を想起させるようなサウンドスケープが、永遠に損なわれた日々への嘆きを浄化し、やがて夜の闇を纏い夢の奥で再び眠りにつく。 ゲストボーカルにAtsumi(Robin’s Egg Blue)が参加、またMVには女優でありシンガーのアナンダ・ジェイコブズ(Ananda Jacobs)が出演。サウンドプロデュースには前作同様五味誠氏(ZEPPET STORE / sphere)を迎え、本作は現在制作中のフルアルバムからの先行配信曲となる。

再生時間
00:05:16
配信期間
未定
タイトル情報
seabirth
seabirthは東京を中心に活動する6ピースバンド。ポストロック、オルタナティブロック、シューゲイザー、を感じさせる轟音ギターに揺蕩うファルセットヴォイス、変拍子をもダイナミックに刻むリズム隊、北欧エレクトロニカのような繊細さも感じさせるグロッケンやピアノ、トロンボーンが混ざり合いシネマティックなサウンドスケープを繰り広げる。
GYAO! 広告

映像一覧