mamatas(ママタス) どう対応したらいい?なぜなぜ期どう乗り越える?
再生

ブラウザーで視聴する

mamatas(ママタス) どう対応したらいい?なぜなぜ期どう乗り越える?

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

mamatas(ママタス) どう対応したらいい?なぜなぜ期どう乗り越える?

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
mamatas(ママタス) どう対応したらいい?なぜなぜ期どう乗り越える?

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
mamatas(ママタス) どう対応したらいい?なぜなぜ期どう乗り越える?

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
mamatas(ママタス) どう対応したらいい?なぜなぜ期どう乗り越える?

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

mamatas(ママタス) どう対応したらいい?なぜなぜ期どう乗り越える?

mamatas(ママタス) どう対応したらいい?なぜなぜ期どう乗り越える?

今回は子どものなぜなぜ期について幼児専門家の加藤先生にお話を伺いました! なぜなぜ期ってどんな時期? →知的好奇心が旺盛になった時期のことを言います。大体がイヤイヤ期を経てなぜなぜ気がくるというのが成長としてあります。 自分が好きなものとか、なぜなんだろうと思うものに興味を持って調べて、結果まで持ってくるというのを自分で出来るようにするための大切な時期なので、大変なんですけどできるだけ対応をしてあげるといいです。 どう答えるのが正解? →物事の原理というより目的が回答として欲しいです。大人って原理を知っているので難しく考えるんですけど、お母さんがそのまま思った感想とかでいいです。一緒に図鑑や辞書で調べてみたりして一緒に解決していくっていうのがすごくいいです。 NGな答え方って? →「そんなの自分で考えてよ」など突き放す答え方がNGです。 気まずい質問の答え方は? →事実なんだけど、子どもがへえそうなんだって着地できるようにさせてあげる。 ふわふわさせてると、結局なぜなぜ期がなぜなぜのままになってしまうので、ちゃんと親なりの回答で着地させてあげるといいです。 加藤先生が難しいと感じられた質問は? →身体が不自由な人に対して子どもがなんでこうなの?って質問をされた時にわたしが答えたことは「君に無いものを持っているんだよ」答えました。 そうしたら「どんなこと?」って聞いてきたので「あの方は車椅子に乗っている世界が見えるけど、あなたは二本足で歩いているでしょ、全く違う世界を見られるんだよ」って視点や見方を変えてあげる、ストレートに伝えていいこと、子どもにどういう風に思って欲しいのかをという理想もあるんですけど、私はそういう風に答えました。 親が答えづらいなぜなぜ4連発 ①ママはもう大きくならないの? →大きくなるよ(そのままの結果を伝えてあげる) ②丸はなんで丸いの? →そういう形だからだよ(子どもはできるだけシンプルでそうなんだっていう回答が一番わかりやすい) ③このパンはなんで喋らないの? →(喋るパンは)命が入ったんだよ ちゃんとお母さんが考えてくれたっていうことが大事 ④紙はなんでハサミで切れるの? →ハサミで紙を切れることを理解できた子には、紙っていう素材を教えてあげたり 少しずつ原理を教えてあげる 回答に困った時は一緒にやってみようとか、一緒に考えようっていう展開の方が子どもとしては楽しかったり、お母さんが受け止めて聞いてくれて一緒にわからないことを分かるようにしていくっていうのを学んでいくのでそういう回答がいいかなと思います。 監修 : 幼児専門家 加藤久乃先生 出演 : 高橋まりな さん

再生時間
00:08:11
配信期間
未定
タイトル情報
mamatas(ママタス)
GYAO! 広告

映像一覧