kufura(クフラ)小学館公式 冷凍庫内の「食材の迷子」は見える化で防止!「冷凍室の収納」達人のアイディア6
再生

ブラウザーで視聴する

kufura(クフラ)小学館公式 冷凍庫内の「食材の迷子」は見える化で防止!「冷凍室の収納」達人のアイディア6

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

kufura(クフラ)小学館公式 冷凍庫内の「食材の迷子」は見える化で防止!「冷凍室の収納」達人のアイディア6

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
kufura(クフラ)小学館公式 冷凍庫内の「食材の迷子」は見える化で防止!「冷凍室の収納」達人のアイディア6

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
kufura(クフラ)小学館公式 冷凍庫内の「食材の迷子」は見える化で防止!「冷凍室の収納」達人のアイディア6

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
kufura(クフラ)小学館公式 冷凍庫内の「食材の迷子」は見える化で防止!「冷凍室の収納」達人のアイディア6

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

kufura(クフラ)小学館公式 冷凍庫内の「食材の迷子」は見える化で防止!「冷凍室の収納」達人のアイディア6

kufura(クフラ)小学館公式 冷凍庫内の「食材の迷子」は見える化で防止!「冷凍室の収納」達人のアイディア6

整理収納アドバイザー・矢澤茜さんは、『無印良品』に加え、『セリア』や『ダイソー』といった100円ショップのアイテムを使って、モノトーンでスッキリと統一されたおしゃれな収納をInstagramなどで発信中。 矢澤さんのお宅にお邪魔すると、賢く収納するためのアイディアを至るところで発見!  今回は前回に続き、凍らせた食材が迷子になって化石となりがちな「冷凍室」の収納法を教えてもらいました。 冷凍室は「上から見る」ことを意識する 冷凍室は引き出すタイプが多いため、どんどん重ねて収納していってしまうと、下の方に入れた食材は、もはや気づかなくなって化石のようになってしまいがち……。 つまり、「“上から見る”ことを意識すべき!」と、矢澤さんは話します。そのためには、「立てる収納」が大事。横に重ねず、立てることで、食材の迷子を防げるんです。 その他にも、矢澤さんならではの便利な冷凍テクも教えてもらいました。早速、冷凍室の収納法を動画でチェックしてみましょう! テク1:冷凍室のメインスペースは4つに区切る まず、冷凍室のメインスペース(矢澤さんの場合は引き出しの下段の大きい方)を4つに区切ります。ここに冷凍室の中でよく使う食材を分類します。 「我が家は、1:粉物、2:ご飯、3:野菜&魚介類、4:肉の4つに分類しています。こうすると、上から見た時に、大きく分類されているので使いやすいんですよ。 ケースは『セリア』の『ソフトライナーケース』を使用。100円のケースを使えば、汚れてきたら思い切って交換しやすいのでおすすめです」 テク2:粉類は同じケースに詰め替えてラベリング 小麦粉、片栗粉、パン粉などの粉類は『OXO』の『ポップコンテナ』に入れて冷凍室に並べて収納。 「粉類は常温ではなく、冷凍室で保存したほうが衛生面で安心です。詰め替えたほうがスマートに収納できるうえ、料理する時も使いやすいですよ」 テク3:ごはんは四角く凍らせ、立てて収納 ごはんは冷凍しておくといざという時便利なので、ストックは欠かさないと矢澤さん。つまり、常に冷凍室にある食材になるので、冷凍ごはんはよく使う1/4のスペースに入ります。 「ごはんは平たくして四角く凍らせると、立てることができます。こうすると省スペースで収納できますよ」 テク4:野菜や魚介類は保存袋で分類する ブロッコリーやきのこなどの野菜類、エビやあさりなどの魚介類は、冷凍用のジッパー付き保存袋に入れて凍らせます。 「食材別に保存袋に入れて凍らせておき、使う分だけ取り出して料理します。野菜や魚介類でも立てられる食材は、薄く凍らせて立てて収納するといいですね」 テク5:凍らせた肉は部位や種類を書いたクリップをつける 矢澤さんは、肉も部位や種類ごとに立てて収納していますが、その手順はこちら。 1:牛肉、豚こま肉、合挽き肉など、肉の部位や種類をダブルクリップに貼ってラベリング。このクリップを冷凍室の中に常備しておきます。 2:冷凍用ジッパー付き保存袋に肉を入れて、平らにします。冷凍室の上段に、熱伝導のよいステンレスなどの金属のトレーを置いておき、その上に肉を置いて凍らせます。こうすると平らに凍らせることができるうえ、早く凍ります。 3:肉が凍ったらクリップを留めて、ラベルが見えるように立てて収納します。 こうすると、省スペースで収納できるうえ、肉の種類も一目瞭然! 冷凍時に、立てられるように平たくして凍らせるのがポイントですね。 テク6:おろししょうがは小分けにして冷凍する しょうがは、使う度にすりおろすのは面倒なので、一気にすりおろしてしまい、ラップに包んで小分けに冷凍。風味が落ちることもなく、約1カ月冷凍保存できます。 以上、冷凍室の食材がよく見える6つのアイディアでした。 特に冷凍室は食材が迷子になりがちなので、ひと目で分かる工夫が必要です。矢澤さんのアイディアは、食材の“見える化”。上から見た時にすぐ分かるように、分類したり、立てたり、ラベリングしたり、独自の方法で冷凍室を見えやすくしていました。冷凍室がキレイに整うと、食材の無駄もなくなるうえ、料理もスムーズで楽しくなりますね!  ぜひ、冷蔵室と一緒に試してみてくださいね。 ※紹介したアイテムは矢澤さんの私物です。情報は2019年4月のものです。

再生時間
00:00:45
配信期間
未定
タイトル情報
kufura(クフラ)小学館公式