kim taehoon「DALILLA」
再生

ブラウザーで視聴する

kim taehoon「DALILLA」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

kim taehoon「DALILLA」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
kim taehoon「DALILLA」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
kim taehoon「DALILLA」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
kim taehoon「DALILLA」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

kim taehoon「DALILLA」

kim taehoon「DALILLA」

“DALILLA”kim taehoon 7th singleどっぷり影響を受けたファンク・ディスコの要素をふんだんに散りばめつつ、kim taehoonらしいゆるいポップさが全面に出ている一枚。浮遊感漂う韓国語のメロディと力強いスキャットのギャップや、日本語と韓国語パートの混在は一見ゴチャゴチャに見えるが、日韓英の3ヶ国語を扱えるkim taehoonなりの「言語」に対しての一貫したメッセージが込められている。また、へんてこな歌詞や一つ一つのサウンドにもしっかり意味があり、それらが複合的に合わさっているため、紐解いていくお楽しみ付きだ。2020年5作隔月連続リリースの第2弾となる”DALILLA”は、前作の”ASTRO BOY“に続きノリノリのアップチューンとなっており、この勢いのまま踊り疲れてしまわないか心配なほどだ。兎に角、小難しいことは抜きにして、ファンキーでめちゃめちゃ踊れる曲、だ。

再生時間
00:03:49
配信期間
未定
タイトル情報
kim taehoon
2019年の初めより活動を開始した韓国生まれ、東京育ちのシンガー/トラックメイカー ファンク、ポップ、ローファイ、アンビエント等いくつものジャンルを超えたクールなサウンドとキャッチーなメロディ、そこに乗る耳障り良い歌詞とゆるいラップが魅力。 楽曲制作は基本、作詞作曲・アレンジからレコーディングまでを1人で行っており、各楽曲のサウンド感は様々だが、それぞれに共通して1つの部屋で生まれたkim taehoonらしいゆるさが溢れ出ている。 ライブでは、ライブならではの臨場感を作り出すことを意識し、ループステーションを用いその場でトラックを構築。クールなのに思わずにやにやしてゆれてしまう心地良いライブも必見! これまで8作の配信シングルをリリース。 spotifyの公式プレイリストNewMusicFRIDAY,DANCE POP:Japan,spincorsterのMondaySpinなどのプレイリストや、TOWER DOORSのPickUPアーティストとしても取り上げられており、注目を集めている。

次の映像

GYAO! 広告

映像一覧