iPhone 12 Pro、iPhone 12が進化しすぎて存在感薄め?LiDARの存在意義を解説
再生

ブラウザーで視聴する

iPhone 12 Pro、iPhone 12が進化しすぎて存在感薄め?LiDARの存在意義を解説

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

iPhone 12 Pro、iPhone 12が進化しすぎて存在感薄め?LiDARの存在意義を解説

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
iPhone 12 Pro、iPhone 12が進化しすぎて存在感薄め?LiDARの存在意義を解説

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
iPhone 12 Pro、iPhone 12が進化しすぎて存在感薄め?LiDARの存在意義を解説

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
iPhone 12 Pro、iPhone 12が進化しすぎて存在感薄め?LiDARの存在意義を解説

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

iPhone 12 Pro、iPhone 12が進化しすぎて存在感薄め?LiDARの存在意義を解説

iPhone 12 Pro、iPhone 12が進化しすぎて存在感薄め?LiDARの存在意義を解説

2020年の新型iPhoneである「iPhone 12」シリーズは、4機種が同時に発表。そのうち6.1インチディスプレイを搭載するiPhone 12とiPhone 12 Proは先行して発売されている。本来であればハードウェアに極めて明確な違いがあるはずだったと思われるが、iPhone 12 Proはやや”Pro感”が不足しているように感じる。 iPhone 12シリーズとiPhone 12 Proシリーズとの明確な違いは、カメラ性能。iPhone 12 Pro Maxはシリーズ最高峰のカメラ機能を搭載しており、iPhone 12とは明らかに高性能であることがわかるが、iPhone 12 ProのカメラはiPhone 12より”ちょっといいカメラ”という感じ。望遠カメラの有無、Dolby Visionの60fps撮影対応、Apple ProRAWなど違いは確かにあるが、一般的に恩恵を受けづらい。 形状はiPhone 12と全く同じで、サイズも変わらない。角張った構造を採用し、自立する。LiDARセンサーを搭載しているが、ナイトポートレートが撮影できること以外はそれほど恩恵を受けない。 iPhone 12を圧倒的に上回るカメラ機能がそれほど無いのだ。それどころか、iPhone 11 Proを圧倒するようなカメラ機能もない。一般的に使用されるカメラ機能については、iPhone 12と同程度と言えるだろう。 iPhone 12の詳しいレビューは、僕の運営するテック系ブログメディア『ゴリミー』に書いた記事をご覧くださいませ。 ---------------- iPhone 12 レビュー :ほぼPro https://gori.me/iphone/iphone12/130793 ----------------

再生時間
00:00:48
配信期間
未定
タイトル情報
g.O.R.i
Apple関連情報を中心にテクノロジーやガジェットに関するニュースを更新する、個人運営のテック系ブログメディア「gori.me」(読み方:ゴリミー)を運営。個人運営のテックメディアとしては日本トップクラスの規模感を誇る。少年時代をアメリカで過ごし、培った英語力を活かして海外情報を主とした最新情報を発信。特に商品レビューには力を入れており、Apple製品はもちろんのこと、各種アクセサリーや周辺機器、ヘッドホンやバックパックなどを紹介。g.O.R.iは、株式会社ドリップ(https://drip.co.jp/)の公認バリスタです。