heibonkinoko 食品サンプルみたいなチャーハンのミニチュア作ってみた!!
再生

ブラウザーで視聴する

heibonkinoko 食品サンプルみたいなチャーハンのミニチュア作ってみた!!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

heibonkinoko 食品サンプルみたいなチャーハンのミニチュア作ってみた!!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko 食品サンプルみたいなチャーハンのミニチュア作ってみた!!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko 食品サンプルみたいなチャーハンのミニチュア作ってみた!!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
heibonkinoko 食品サンプルみたいなチャーハンのミニチュア作ってみた!!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

heibonkinoko 食品サンプルみたいなチャーハンのミニチュア作ってみた!!

heibonkinoko 食品サンプルみたいなチャーハンのミニチュア作ってみた!!

みなさんこんにちは!ミニチュアクリエイターのheibonkinokoです。 今回は食品サンプルでみかけるような具をひっくり返している状態のチャーハンのミニチュア作りに挑戦です。 まずはチャーハンに入れるチャーシューや玉子などの具とご飯粒を粘土で作り、それをプラバンで作ったミニチュアのフライパンに貼り付けて作ります。 【ミニチュア製作の簡単な流れは以下のようになります】 1.チャーハンに入れる具を粘土で作る。チャーシューは薄い茶色の粘土を薄く伸ばし、歯ブラシで凹凸をつけて片面にだけ絵の具で焼き色をつける。 2.それを細かくカットする。 3.蒲鉾は白い粘土の片面をピンク色に塗って同じく細かくカットする。 4.玉子は黄色い粘土をニスと混ぜ合わせペースト状に一旦してから小さな塊にまとめていく。 5.ネギは薄く伸ばした粘土をロール状に巻き、それを輪切りにする。 色を塗ったりカットするのは粘土が乾燥してから行っています。 6.ご飯粒は黄色の絵の具で薄っすら着色した粘土を一粒ずつ指先で小さくまるめて作る。 お粘土を押し出したのはモンブランメーカーという道具です。かなり時間のかかる作業なので空いた時間にちょこちょこやるのがいいかもしれません。 7.完成したご飯と具は混ぜておく。 8.ミニチュアのフライパンに曲げた塩ビ板を接着する。 塩ビ板は以前紹介したフライパン作りと同じ要領で熱で柔らかくした板を丸い原型に押し付けて曲げました。 9.その塩ビ板に先程作ったご飯と具をマットメディウムで接着する。 10.ご飯と具はセミグロスクリア、フライパンにはグロスクリアを塗って食品サンプルみたいなミニチュアチャーハンの完成。 どちらも油を表現するために塗りました。 ※動画内で使用したミニチュアのフライパンは以前紹介した「中華鍋セットのミニチュア作ってみた!!」で作ったフライパンです。チャンネルにアップしてありますので気になった方はそちらの動画もご覧ください。 本日はご覧いただきありがとうございました。 今回はご飯をいっぱい作るがちょっと大変でしたね。ご飯粒だけのミニチュア商品がもしあったら今なら飛びつき買いしそうです(笑) ではまた次回新しいミニチュアが完成しましたらご報告させていただきます。 ではまた~ 音源提供:Nash Music Library

再生時間
00:01:18
配信期間
未定
タイトル情報
heibonkinoko
YouTubeで「HMS2-ハムスターのミニチュア工房2」という、ミニチュアを中心としたモノ作りチャンネルを運営しています。動画の内容は粘土やプラバンなどを使った日常の生活で目にする食べ物や家具・家電などのミニチュア作りがメインです。こちらのYahoo! JAPAN クリエイターズプログラムでは、そうしたミニチュアの製作シーンを簡潔にまとめた1~2分で楽しめる動画作りを心掛けています。より細かな製作シーンをご覧になりたい方はYouTubeのチャンネルへお越しください。