heibonkinoko 粘土でマクドナルドのフィレオフィッシュ風のミニチュア作ってみた!!
再生

ブラウザーで視聴する

heibonkinoko 粘土でマクドナルドのフィレオフィッシュ風のミニチュア作ってみた!!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

heibonkinoko 粘土でマクドナルドのフィレオフィッシュ風のミニチュア作ってみた!!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko 粘土でマクドナルドのフィレオフィッシュ風のミニチュア作ってみた!!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko 粘土でマクドナルドのフィレオフィッシュ風のミニチュア作ってみた!!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
heibonkinoko 粘土でマクドナルドのフィレオフィッシュ風のミニチュア作ってみた!!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

heibonkinoko 粘土でマクドナルドのフィレオフィッシュ風のミニチュア作ってみた!!

heibonkinoko 粘土でマクドナルドのフィレオフィッシュ風のミニチュア作ってみた!!

みなさんこんにちは!ミニチュアクリエイターのheibonkinokoです。 こちらの動画では樹脂粘土を使ってマクドナルドの定番メニュー「フィレオフィッシュ」に似せたミニチュア作りをお届けします。 【製作の流れは以下のようになります】 バンズ作り 1.黄土色でわずかに着色した粘土を自作の型に詰めます。 型はエポキシパテで直径10ミリほどのバンズの原型(上下)を作り、それをお湯で柔らかくなる「型取くん」で型取りして作りました。 2.歯ブラシを使って粘土に凹凸をつけて型から取り出します。 3.粘土が乾燥したら茶系の絵の具で焼き色をつけます。 4.焼き色の上から半光沢のクリアーを塗ります。 クリアーは光沢が出過ぎてテカリの膜ができるとおかしいので、半乾きのときに筆でポンポン叩いてテカリが出過ぎないように注意しました。 フィッシュポーション作り 1.白い粘土を0.5ミリ厚の厚さに薄く伸ばし、8ミリほどの四角にカットします。 2.粘土表面にマットメディウムを塗り、そこに衣に見立てたジオラマ素材である「Green stuff world snow flock」をつけます。 この素材は本来ジオラマで雪を作るときに使うものですが、揚げ物の衣を表現するのにちょうどよいので転用しています。 3.接着剤が乾燥してから絵の具で焼き色をつけます。 塗るというより水で薄めた絵の具を染み込ませる感じで色を付けています。 4.揚げ物表面の油に見立てたクリアーを表面に塗ります。 こちらもバンズ同様光沢が出過ぎるとおかしいので、全体にべたっとは塗らず表面を軽くポンポンと叩く程度に塗っています。 チーズ作り 1.黄色い粘土を0.3ミリ厚の厚さに薄く伸ばしバンズから四つ角が少しはみ出る大きさの四角にカットします。 タルタルソース作り 1.黄緑色で薄っすら着色した粘土を0.3ミリ厚に薄く伸ばします。 2.乾燥した粘土片面に深い緑色の絵の具を塗ります。 この粘土はタルタルソースに混ぜるピクルスとケッパーに見立てています。 3.粘土をみじん切りにし、それをアイボリーに着色したボンドと混ぜます。 動画では連続して作っているように編集していますが、実際はみじん切りにした粘土とボンドを混ぜるのは具をパンズにのせたあとにおこなっています(そうしないと具をバンズにのせている間にボンドが固まってきてしますため)。 仕上げ 1.バンズにチーズをのせ、そこに水を塗って粘土を柔らかくしてバンズからはみ出たチーズが垂れた状態にします。 2.その上にフィッシュポーション、タルタルソースをのせバンズで挟めば完成です。 いかがだったでしょうか? 少しでもマクドナルドにあるフィレオフィッシュっぽくなっていれば幸いです。 それではまた次回新しいミニチュアが完成しましたらご報告させていただきます。 音源提供:Nash Music Library

再生時間
00:01:34
配信期間
未定
タイトル情報
heibonkinoko
YouTubeで「HMS2-ハムスターのミニチュア工房2」という、ミニチュアを中心としたモノ作りチャンネルを運営しています。動画の内容は粘土やプラバンなどを使った日常の生活で目にする食べ物や家具・家電などのミニチュア作りがメインです。こちらのYahoo! JAPAN クリエイターズプログラムでは、そうしたミニチュアの製作シーンを簡潔にまとめた1~2分で楽しめる動画作りを心掛けています。より細かな製作シーンをご覧になりたい方はYouTubeのチャンネルへお越しください。