heibonkinoko 粘土でふわとろオムライスのミニチュア作ってみた!!
再生

ブラウザーで視聴する

heibonkinoko 粘土でふわとろオムライスのミニチュア作ってみた!!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

heibonkinoko 粘土でふわとろオムライスのミニチュア作ってみた!!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko 粘土でふわとろオムライスのミニチュア作ってみた!!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko 粘土でふわとろオムライスのミニチュア作ってみた!!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
heibonkinoko 粘土でふわとろオムライスのミニチュア作ってみた!!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

heibonkinoko 粘土でふわとろオムライスのミニチュア作ってみた!!

heibonkinoko 粘土でふわとろオムライスのミニチュア作ってみた!!

みなさんこんにちは!ミニチュアクリエイターのheibonkinokoです。 この動画では樹脂粘土やレジンを使って作るふわとろオムライスのミニチュア作りの様子をお届けします。 動画はまず粘土を使ったご飯、鶏肉、人参、玉ねぎ作りから始まり、それを使ったチキンライス、そしてふわとろ玉子、トマトソース作りという流れでミニチュアを完成させていきます。 【以下ミニチュアの製作工程です】 1.モンブランメーカーに白い粘土を詰めて絞り出し、指先で小さく丸めてご飯粒を作ります。 塗料皿の半分ぐらいの量を作ったのですが、今回のミニチュア作りで一番地味で時間のかかる工程だったかもしれません。 2.薄い黄土色に着色した粘土を平らに潰し、ナイフで小さな塊になるよう千切ります。 3.それを豚毛の筆2本を使い形を整えて鶏肉とします。 4.人参はオレンジ色の粘土を薄く伸ばし、乾燥後みじん切りにします。 5.玉ねぎは無着色の粘土を人参と同じようにします。 6.今粘土で作ったご飯と具をひとつにまとめて、それを絵の具でオレンジ色にしたボンド(水で薄めてあります)と混ぜます。 7.6をお皿に盛っておわん型に形を整えます。 8.薄めの黄色に着色した粘土を水で柔らかくして、それをチキンライスの上に少量ずつのせていきます。 玉子なので黄身だけでなく白身もあった方がリアリティが増すと思い、同じように柔らかくした白い粘土を所々ですがのせています。 9.粘土が乾燥したら黄色く着色したUVレジンを玉子の上に塗り硬化させます。 個人的にはもう少し濃い黄色でもよかったかなと思っています。 10.トマトソースはモデナペーストを赤く着色し、それを玉子の上に塗ります。 11.乾燥したら赤く着色したUVレジンをその上に塗り硬化させます。 こちらのレジンはもう少し深い赤でもよかったかもと思いました。 12.艶消しクリアーをソースの部分にのみ塗り、半乾きの時に筆で叩いて表面をザラつかせます。 そのままだと玉子とソースで同じツヤ感になってしまい変なので変化をつけました。 13.水で溶いたボンドをオムライスのてっぺんに塗り、そこに緑色のシーナリーパウダーをふりかけて完成です。 いかがだったでしょうか?  前半に作ったご飯粒や具材は完成時には見えなくなってしまうものなので作らなくてもよいのですが、気持ち的な問題と練習にもなるので作ることにしました。 また次回新しいミニチュアが完成しましたらご報告させていただきます。 ではまた~ 音源提供:Nash Music Library

再生時間
00:01:28
配信期間
未定
タイトル情報
heibonkinoko
YouTubeで「HMS2-ハムスターのミニチュア工房2」という、ミニチュアを中心としたモノ作りチャンネルを運営しています。動画の内容は粘土やプラバンなどを使った日常の生活で目にする食べ物や家具・家電などのミニチュア作りがメインです。こちらのYahoo! JAPAN クリエイターズプログラムでは、そうしたミニチュアの製作シーンを簡潔にまとめた1~2分で楽しめる動画作りを心掛けています。より細かな製作シーンをご覧になりたい方はYouTubeのチャンネルへお越しください。