heibonkinoko 担々麺のミニチュア作ってみた!
再生

ブラウザーで視聴する

heibonkinoko 担々麺のミニチュア作ってみた!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

heibonkinoko 担々麺のミニチュア作ってみた!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko 担々麺のミニチュア作ってみた!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko 担々麺のミニチュア作ってみた!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
heibonkinoko 担々麺のミニチュア作ってみた!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

heibonkinoko 担々麺のミニチュア作ってみた!

heibonkinoko 担々麺のミニチュア作ってみた!

みなさんこんにちは!ミニチュアクリエイターのheibonkinokoです。 今回は担々麺のミニチュア作りに挑戦したのでその様子をお届けします。麺と具は樹脂粘土で作りスープはレジンです。 【ミニチュア製作の簡単な流れは以下のようになります】 1.小さく丸めた樹脂粘土(薄黄色)を定規で細長く伸ばして麺を作る。 粘土が乾燥すると伸ばしにくくなるので手早く作業をしました。 2.プラバンで作ったどんぶりに粘土を入れて底上げする。 透けて見えても大丈夫なように辛みを感じる色の粘土を使いました。 3.その上に1で作った麺を一本ずつ、上げに使った粘土が見えなくなるぐらいまで接着する。 麺が同じ向きに重なり過ぎないように気を付けながら接着しました。 4.乾燥させた樹脂粘土(焦げ茶色)をおろし金で細かくする。それをボンドと混ぜてまとめたら麺の上にのせる。 5.樹脂粘土(濃い緑)を薄く伸ばす。そこにチンゲン菜の茎の形にした粘土(黄緑)を接着する。 6.葉っぱは細くまとめて、どんぶりに合わせて少し曲げてから麺の上にのせる。 7.絵の具でUVレジンを混ぜて担々麺のスープを作りどんぶりに入れて固める。 スープはもう少し白っぽい色をしたものとかもありますが、今回は辛みを感じられる赤っぽい色にしてみました。 8.仕上げに爪楊枝でクリアーオレンジをスープの上に塗ってラー油を表現する。これでミニチュア担々麺の完成です。 油の大きさが全部同じにならないように気を付けて色をつけました。 完成したミニチュア担々麺を見た感想としては、結構時間をかけて作った麺がほとんどスープに隠れてしまったので、もう少しスープは少なくしてもよかったかなと思いました。また具のチンゲン菜は茎の部分の透明感が少し強い仕上がりとなってしまったので、粘土の色や配合を見直してもいいかなと思いました。 本日はご覧いただきありがとうございました。 ではまた次回新しいミニチュアが完成しましたらご報告させていただきます。 ではまた~ 音源提供:Nash Music Library

再生時間
00:01:21
配信期間
未定
タイトル情報
heibonkinoko
YouTubeで「HMS2-ハムスターのミニチュア工房2」という、ミニチュアを中心としたモノ作りチャンネルを運営しています。動画の内容は粘土やプラバンなどを使った日常の生活で目にする食べ物や家具・家電などのミニチュア作りがメインです。こちらのYahoo! JAPAN クリエイターズプログラムでは、そうしたミニチュアの製作シーンを簡潔にまとめた1~2分で楽しめる動画作りを心掛けています。より細かな製作シーンをご覧になりたい方はYouTubeのチャンネルへお越しください。