heibonkinoko 崖の上のポニョに登場するラーメンどんぶりのミニチュア作ってみた!!
再生

ブラウザーで視聴する

heibonkinoko 崖の上のポニョに登場するラーメンどんぶりのミニチュア作ってみた!!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

heibonkinoko 崖の上のポニョに登場するラーメンどんぶりのミニチュア作ってみた!!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko 崖の上のポニョに登場するラーメンどんぶりのミニチュア作ってみた!!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko 崖の上のポニョに登場するラーメンどんぶりのミニチュア作ってみた!!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
heibonkinoko 崖の上のポニョに登場するラーメンどんぶりのミニチュア作ってみた!!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

heibonkinoko 崖の上のポニョに登場するラーメンどんぶりのミニチュア作ってみた!!

heibonkinoko 崖の上のポニョに登場するラーメンどんぶりのミニチュア作ってみた!!

みなさんこんにちは!ミニチュアクリエイターのheibonkinokoです。 スタジオジブリの映画「崖の上のポニョ」で、リサが宗介とポニョのために即席ラーメンを作りますが、この動画ではそのラーメンを入れるどんぶりのミニチュア作りをお届けします。もちろんどんぶりだけでなくラーメンも後で作る予定ですが、まずはその入れ物となるどんぶり作りをお楽しみください。 【製作の流れは以下のようになります】 1.まずはどんぶりの原型作り。コンパスカッターを使い直径20ミリと10ミリの円にカットしたプラバンの間に、幅7ミリにカットした直径7.9ミリのプラパイプを挟んで接着します。 プラバンの厚さは0.5ミリで共通。 動画でプラバンに真鍮線を挿しているのは接着の際に円の中央を揃えるためです。 2.そこにエポキシパテを巻いて、どんぶりと同じように緩やかな曲線になるように形を作りパテの硬化を待ちます。 同じ要領でフタの原型を直径19ミリの円、直径7.9ミリ幅3ミリのプラバン、直径10ミリの円を接着、パテを巻いて作ります。 3.自作バキュームフォーマーに作った原型を置き、電気コンロで温め柔らかくした0.5ミリ厚のプラバンを押し付けて成形します。 4.余分な部分を切り落とし、型から外したら切り口をサンドペーパーで整えます。 使用したサンドペーパーの番手は#400~600です。 5.どんぶりに直径9.5ミリ幅1.5ミリのプラパイプ、フタに直径7.9ミリ幅1.5ミリのプラパイプを接着します。 フタに使用した7.9ミリのプラパイプのみ、接着前に接着しない方の縁を削って厚みを薄くしてあります。そのままだと若干やぼったい印象を受けたので削りました。 6.アニメのどんぶりを参考に全体を塗装、柄は赤い線が長く青い線が短くなるように描き塗料が乾燥したら完成です。 いかがだったでしょうか? 無事にどんぶりを完成することできましたので、次回はその中身である麺と具を作ってミニチュアラーメンを完成させたいと思います。 ではまた次回、ミニチュアが完成しましたらご報告させていただきます。

再生時間
00:01:11
配信期間
未定
タイトル情報
heibonkinoko
YouTubeで「HMS2-ハムスターのミニチュア工房2」という、ミニチュアを中心としたモノ作りチャンネルを運営しています。動画の内容は粘土やプラバンなどを使った日常の生活で目にする食べ物や家具・家電などのミニチュア作りがメインです。こちらのYahoo! JAPAN クリエイターズプログラムでは、そうしたミニチュアの製作シーンを簡潔にまとめた1~2分で楽しめる動画作りを心掛けています。より細かな製作シーンをご覧になりたい方はYouTubeのチャンネルへお越しください。