heibonkinoko 崖の上のポニョに登場したポニョのラーメンのミニチュア作ってみた!!
再生

ブラウザーで視聴する

heibonkinoko 崖の上のポニョに登場したポニョのラーメンのミニチュア作ってみた!!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

heibonkinoko 崖の上のポニョに登場したポニョのラーメンのミニチュア作ってみた!!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko 崖の上のポニョに登場したポニョのラーメンのミニチュア作ってみた!!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko 崖の上のポニョに登場したポニョのラーメンのミニチュア作ってみた!!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
heibonkinoko 崖の上のポニョに登場したポニョのラーメンのミニチュア作ってみた!!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

heibonkinoko 崖の上のポニョに登場したポニョのラーメンのミニチュア作ってみた!!

heibonkinoko 崖の上のポニョに登場したポニョのラーメンのミニチュア作ってみた!!

みなさんこんにちは!ミニチュアクリエイターのheibonkinokoです。 この動画ではスタジオジブリの映画「崖の上のポニョ」に登場した、リサが宗介とポニョのために作った即席ラーメンのミニチュア作りをお届けします。 【製作の流れは以下のようになります】 1.麺作り―黄土色の絵の具でうっすら着色した樹脂粘土を定規で細長く伸ばし、半乾きの状態になったら指で揉んで曲げ癖をつけつつ小さな塊にまとめます。 麺を揉んだのは即席ラーメンの縮れた感じに少しでも近づけるために行いました。 2.ハム作り―ピンク色強めの赤に着色した粘土を薄く伸ばし、その真ん中に細く伸ばした白い粘土を置きさらに伸ばします。 3.円にくり抜き、その周りに同じ厚さに細切りにした白い粘土を巻いて、乾燥後に半分にカットします。 ハムは見た目から少し厚目のものかなと想像して1ミリ厚で作ってみました。 白い粘土を巻くときは水で溶いたボンドを使用しました。 4.ゆで卵作り-白い粘土を卵型に丸めて一晩乾燥させます。それを半分にカットして、断面にストローを押し付け円の印をつけます。 5.その円の内側の粘土を少しくり抜き、そこに水で薄めたボンドを少し塗ってから黄色い粘土を詰めます。 6.ネギ作り-無着色の粘土を薄く伸ばし真鍮線に巻き付けて乾燥させます。 7.乾燥後、絵の具で緑に塗り、輪切りにします。 アニメでは中に空洞のないネギが描かれていますが、それをそのまま真似るとキュウリに見えてしまう恐れがあるので、今回は真鍮線に巻き付けて中に空洞のあるネギにしてあります。 8.盛り付け作業-どんぶりに薄い茶色に白付けしたエポキシレジンを少な目に流し込み、そこに麺を入れます。 レジンを少な目に入れるのはその後に麺と具をのせるためです。 9.その上にハム、ゆで卵、ネギを盛り付けて、状態を見てレジンを足して完成です。 いかがだったでしょうか? アニメではポニョが袋から取り出した麺がバラバラだったので、そこを再現しようか大いに迷ったのですが、レジンに入れた際に最悪麺に見えなくなる可能性があったので結局バラバラにせずに作ることにしました。 ラーメンを入れたどんぶりは先に紹介しました動画「崖の上のポニョに登場するラーメンどんぶりのミニチュア作ってみた!!」で作るよう様子を公開してありますので、気になる方は私のチャンネルよりそちらもご覧になって下さい。 それではまた次回新しいミニチュアが完成しましたらご報告させていただきます。

再生時間
00:01:40
配信期間
未定
タイトル情報
heibonkinoko
YouTubeで「HMS2-ハムスターのミニチュア工房2」という、ミニチュアを中心としたモノ作りチャンネルを運営しています。動画の内容は粘土やプラバンなどを使った日常の生活で目にする食べ物や家具・家電などのミニチュア作りがメインです。こちらのYahoo! JAPAN クリエイターズプログラムでは、そうしたミニチュアの製作シーンを簡潔にまとめた1~2分で楽しめる動画作りを心掛けています。より細かな製作シーンをご覧になりたい方はYouTubeのチャンネルへお越しください。