heibonkinoko 味噌ラーメンのミニチュア作ってみた!!
再生

ブラウザーで視聴する

heibonkinoko 味噌ラーメンのミニチュア作ってみた!!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

heibonkinoko 味噌ラーメンのミニチュア作ってみた!!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko 味噌ラーメンのミニチュア作ってみた!!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko 味噌ラーメンのミニチュア作ってみた!!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
heibonkinoko 味噌ラーメンのミニチュア作ってみた!!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

heibonkinoko 味噌ラーメンのミニチュア作ってみた!!

heibonkinoko 味噌ラーメンのミニチュア作ってみた!!

みなさんこんにちは!ミニチュアクリエイターのheibonkinokoです。 こちらの動画では樹脂粘土とレジンを使った味噌ラーメンのミニチュア作りをお届けします。まずは麺作りからスタートし、豚肉、人参、ニラ、もやし、コーン、盛り付け、仕上げへと進んでいきます。 【製作の流れは以下のようになります】 麺 1.薄い黄色に着色した粘土を定規で細長く伸ばして麺にします。 真っすぐのままだと盛り付けの際に麺を曲げる作業が生まれるので、この段階である程度曲げてから乾燥させます。 豚肉 1.茶色に少しのピンクを混ぜた粘土を薄く伸ばし、それをくしゃくしゃにしたアルミ箔に挟んで表面に凹凸をつけます。 2.それをナイフで千切るようにして小さなサイズに細かくします。 人参 1.オレンジ色の粘土を薄く伸ばし、それを細く切ります。 2.細く切ったものをひねって曲げ癖をつけておきます。 今回作るのは生ではなく火の通った人参なので、少し曲げて柔らかくなった感じを表現しています。 ニラ 1.緑の粘土を薄く伸ばし、細く切ります。 2.それを指で揉んで曲げ癖をつけておきます。 もやし 1.無着色の粘土をもやしのように先が細くなるように指で伸ばし、こちらも他の野菜同様少し曲げておきます。 細くなった部分は仕上げの際に黄色く着色します。 コーン 1.黄色い粘土を自作の型に詰めて形を作ります。 型はプラ棒をやすりで削ってコーンの形にしたものを、お湯で柔らかくなる「型取くん」で型取りして作ったものを使用しました。 もりつけ、仕上げ 1.粘土で底上げした丼に赤茶の絵の具で着色したエポキシレジンを入れます。 丼は1ミリ厚のプラバンをバキュームフォームして自作したものを使用しました。 2.そこに麺を入れ、具も少しのせます。 ここでのせる具はスープに少し沈むような形にします。 3.少し待ってレジンが固まり始めたら残りの具をバランスよくのせます。 このタイミングで残りの具をのせたのは、重さで具がスープに沈むのを防ぐためです。また具の接着には水で薄めたボンドを使用しています。 4.もやしの先端を薄っすら黄色くなるように色付けします。 5.野菜全体を水で薄めたブラウンのニスで色付けします。 そのままだとお湯で茹でただけの野菜みたいなので、濃くならないように注意して色をつけました。 6.バターに見立てた薄い黄色の粘土を四角くカットし、野菜の上にのせます。 7.その表面を水を含ませた筆で撫で、下の具となじませたら完成です。 ミニチュアの味噌ラーメン作りはいかがだったでしょうか? いつ食べてもおいしいですが、特に今のような冬にピッタリではないかと思いミニチュアを作ってみました。 また次回新しいミニチュアが完成しましたらご報告させていただきます。 ではまた~ 音源提供:Nash Music Library

再生時間
00:01:34
配信期間
未定
タイトル情報
heibonkinoko
YouTubeで「HMS2-ハムスターのミニチュア工房2」という、ミニチュアを中心としたモノ作りチャンネルを運営しています。動画の内容は粘土やプラバンなどを使った日常の生活で目にする食べ物や家具・家電などのミニチュア作りがメインです。こちらのYahoo! JAPAN クリエイターズプログラムでは、そうしたミニチュアの製作シーンを簡潔にまとめた1~2分で楽しめる動画作りを心掛けています。より細かな製作シーンをご覧になりたい方はYouTubeのチャンネルへお越しください。