heibonkinoko 丸亀うどん弁当風のミニチュア作ってみた!
再生

ブラウザーで視聴する

heibonkinoko 丸亀うどん弁当風のミニチュア作ってみた!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

heibonkinoko 丸亀うどん弁当風のミニチュア作ってみた!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko 丸亀うどん弁当風のミニチュア作ってみた!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko 丸亀うどん弁当風のミニチュア作ってみた!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
heibonkinoko 丸亀うどん弁当風のミニチュア作ってみた!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

heibonkinoko 丸亀うどん弁当風のミニチュア作ってみた!

heibonkinoko 丸亀うどん弁当風のミニチュア作ってみた!

みなさんこんにちは!ミニチュアクリエイターのheibonkinokoです。 今回は丸亀製麺が発売する丸亀うどん弁当風のミニチュア作りをお届けします。 丸亀うどん弁当は数種類発売されていますが、今回参考にしてミニチュアにしたのは「3種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」になります。 作ったお弁当の中身はうどん、うどんつゆ、エビ天、ちくわ磯辺天、野菜バラ天、玉子焼き、きんぴらごぼう、ネギです。 【ミニチュア製作の簡単な流れは以下のようになります】 1.エビ天:白い粘土を定規で細長く伸ばし、そこにエビの尻尾の形に薄く伸ばした粘土を4つ接着する。 2.アクリル溶剤で薄めたクリアーオレンジを塗る。 3.水でドロドロになるまで溶かした黄色い粘土を衣として全体に塗る。 衣は数回に分けて重ね塗りをしました。 4.ちくわ磯辺天:半分に割ったプラパイプに粘土を詰めて、粘土中央に半円のプラ棒を押し付けてちくわの穴のへこみを作る。 5.パイプから粘土を取り出したらクシャクシャにしたアルミホイルを押し付けてちくわ表面のデコボコ感を作る。 6.焼き色を茶系の絵の具でつけて、エビ天と同じく衣をつける。その際ジオラマに使う緑色のシーナリーパウダーを青のりに見立ててつける。 シーナリーパウダーはものによって水で色落ちするものもあるので注意が必要です 7.野菜天:人参と玉ねぎはオレンジ色と無着色の粘土をそれぞれ細く切って作り、ネギは細いプラ棒に薄く伸ばした粘土を巻きつけて乾燥させ、表面を絵の具で緑色に塗ってから輪切りにして作る。 8.カットしたそれぞれの粘土と衣を混ぜ合わせる。 9.うどん:白とアイボリーでうどんぽい色にした粘土を細長くカットする。 10.うどんつゆ:クリアーブラウン色にしたUVレジンを丸い形に固めて、それをラップにくるみ余計なラップはカットする。 UVレジンを丸い形に固めるためにプラ材で原型を作って、それを型取りして型を作りレジンを流して固めるという方法をおこないました。 11.自作したお弁当容器に作った天ぷらうどんなどを盛り付けたらミニチュアの完成。 容器の下はプラバン、ふたは塩ビ板製です。それぞれプラ材で原型を作った後バキュームフォームして作りました。 ちなみにミニチュアを作る前に本物のうどん弁当を食べたのですが、大きさ約130×190×55ミリの容器にうどんや天ぷらなどのおかずがたくさん入り、重さもずっしりといった感じで食べ応え十分でした。 本日はご覧いただきありがとうございました。 ではまた次回新しいミニチュアが完成しましたらご報告させていただきます。 ではまた~ 音源提供:Nash Music Library

再生時間
00:01:21
配信期間
未定
タイトル情報
heibonkinoko
YouTubeで「HMS2-ハムスターのミニチュア工房2」という、ミニチュアを中心としたモノ作りチャンネルを運営しています。動画の内容は粘土やプラバンなどを使った日常の生活で目にする食べ物や家具・家電などのミニチュア作りがメインです。こちらのYahoo! JAPAN クリエイターズプログラムでは、そうしたミニチュアの製作シーンを簡潔にまとめた1~2分で楽しめる動画作りを心掛けています。より細かな製作シーンをご覧になりたい方はYouTubeのチャンネルへお越しください。