heibonkinoko ワッフルのミニチュア作ってみた!!
再生

ブラウザーで視聴する

heibonkinoko ワッフルのミニチュア作ってみた!!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

heibonkinoko ワッフルのミニチュア作ってみた!!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko ワッフルのミニチュア作ってみた!!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko ワッフルのミニチュア作ってみた!!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
heibonkinoko ワッフルのミニチュア作ってみた!!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

heibonkinoko ワッフルのミニチュア作ってみた!!

heibonkinoko ワッフルのミニチュア作ってみた!!

みなさんこんにちは!ミニチュアクリエイターのheibonkinokoです。 前回紹介したワッフルメーカー作りの記事欄でも書きましたが今回はミニチュアのワッフル作りに挑戦します。動画は樹脂粘土を使ったワッフル作りからスタートして、アイス、ブルーベリー、ミントと作って最後に盛り付け作業です。 【ミニチュア製作の簡単な流れは以下のようになります】 粘土でワッフルを作る。 1.絵の具で薄い黄色した粘土を1ミリ厚に伸ばす。 2.歯ブラシで粘土の表面に凹凸を作る。 3.1.5ミリ角のプラ棒を粘土に押し付けてワッフルのへこみを16個作る。 フリーハンドでもいいですが、定規など何かをガイドにしながら押すとへこみがきれいに揃いやすいです 4.へこみ部分の周りを四角くなるように切り取り乾燥を待つ。 5.絵の具で焼き色を入れる。 6.シュガーに見立てた白いパウダーをワッフルにつける。今回使用したのはモーリンの「スノーパウダー」という粉状大理石で、ジオラマで雪の情景を作るときや、ビールの泡を作るときなどに使っています。 粘土でアイスを作る。 7.半球状にした粘土を豚の毛の筆でひっかくようにして表面をアイスのようにガサガサにする。 豚の毛は硬めなのでこういった作業をするときに重宝しています。 粘土でブルーベリーを作る。 8.深い青色をした粘土を指先で小さく丸め、ナイフの先端でブルーベリーの開いた部分を作る。 粘土でミントを作る。 9.小さく丸めた緑色の粘土を爪楊枝で薄く伸ばす。 10.アルミホイルとナイフで葉の模様をつける。 盛り付け作業。 11.作ったアイテムをバランスよくお皿に盛って完成。途中利用した赤いソースはタミヤが発売する「トッピングの達人 つぶつぶ いちごソース」 自分が食べたいと思うワッフルをミニチュアで再現してみましたがいかがだったでしょうか? 今回作ったもの以外にワッフルをベースにはちみつやメープルシロップをかけたもの、スライスバナナにチョコソースなどトッピングを変えるだけで色々なお皿が作れそうですね。  次に作るものはまだ思案中ですが、何かまた面白いものが作れたらなと思っています。 本日はご覧いただきありがとうございました。 ではまた次回新しいミニチュアが完成しましたらご報告させていただきます。 ではまた~ 音源提供:Nash Music Library

再生時間
00:01:18
配信期間
未定
タイトル情報
heibonkinoko
YouTubeで「HMS2-ハムスターのミニチュア工房2」という、ミニチュアを中心としたモノ作りチャンネルを運営しています。動画の内容は粘土やプラバンなどを使った日常の生活で目にする食べ物や家具・家電などのミニチュア作りがメインです。こちらのYahoo! JAPAN クリエイターズプログラムでは、そうしたミニチュアの製作シーンを簡潔にまとめた1~2分で楽しめる動画作りを心掛けています。より細かな製作シーンをご覧になりたい方はYouTubeのチャンネルへお越しください。