heibonkinoko ワインのミニチュア作ってみた!
再生

ブラウザーで視聴する

heibonkinoko ワインのミニチュア作ってみた!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

heibonkinoko ワインのミニチュア作ってみた!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko ワインのミニチュア作ってみた!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko ワインのミニチュア作ってみた!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
heibonkinoko ワインのミニチュア作ってみた!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

heibonkinoko ワインのミニチュア作ってみた!

heibonkinoko ワインのミニチュア作ってみた!

みなさんこんにちは!ミニチュアクリエイターのheibonkinokoです。 今回はワインのミニチュア作りの様子をお届けします。まずは半円のプラ材を使ったワインボトルの原型作りからスタートして型取り、バキュームフォームと進んで仕上げていきます。 【ミニチュア製作の簡単な流れは以下のようになります】 1.長さ23ミリにカットした直径6.4ミリの半円プラ材を2つ用意して、平らな面が向かい合うように瞬間接着剤で接着し円柱を作る。 プラ用ではなく瞬間接着剤で接着するのは形を作った後に剥がすためです。 2.片側の端から3ミリの部分をナイフやヤスリで削り、ワインボトルの肩の部分を作る。 3.形ができたら接着面にナイフを入れて二つに分ける。 4.削って細くなった部分中央に直径2ミリの半円プラ材を接着し、それをさらにプラバン(大きさ適当)に接着する。 これでワインボトルの原型の完成です。 5.完成した原型を「おゆまる」で型取りして型を作る。 6.ブラックに着色したUVレジンを型に流して固め、固まったら型からレジンを取り出し、クリアーを塗ってツヤを出す。 7.クリアーが乾燥したら自作バキュームフォーマーに設置してバキュームフォームする。 自作バキュームフォーマーは掃除機を改造して作った道具で、電気コンロで温めて柔らかくしたプラバンや塩ビ板などの板を道具に設置した原型に押し付けることで、板を原型と同じ形にすることができます。 今回は本物のワインボトルを参考にして緑色をした塩ビ板を使用しました。 8.余計な塩ビ板は切り落とし、半円状態のパーツ同士をUVレジンで接着する。 9.自作デカールをボトルに貼り、トップ部分のパーツを接着しミニチュアワインを完成させる。 自作デカールは市販のワインのラベルを参考にしてそれっぽい雰囲気になるようにパソコンでデザインしたものを印刷して作りました。 チップ部分のパーツは直径2.5ミリの丸棒プラ材に直径0.8ミリの半円プラ材を巻き付けて、それを赤く塗装して作りました。 ワインボトルの形は11月18日がボジョレー・ヌーヴォー解禁日なので、それに合わせてブルゴーニュ型(トップから下にいくにしたがって徐々に太くなる形)にしてもよかったのですが、今回は個人的に一番親しみのあるボルドー型にしてみました。 ワインらしく見えていればいいのですが、いかがだったでしょうか? 本日はご覧いただきありがとうございました。 ではまた次回新しいミニチュアが完成しましたらご報告させていただきます。 ではまた~ 音源提供:Nash Music Library

再生時間
00:01:45
配信期間
未定
タイトル情報
heibonkinoko
YouTubeで「HMS2-ハムスターのミニチュア工房2」という、ミニチュアを中心としたモノ作りチャンネルを運営しています。動画の内容は粘土やプラバンなどを使った日常の生活で目にする食べ物や家具・家電などのミニチュア作りがメインです。こちらのYahoo! JAPAN クリエイターズプログラムでは、そうしたミニチュアの製作シーンを簡潔にまとめた1~2分で楽しめる動画作りを心掛けています。より細かな製作シーンをご覧になりたい方はYouTubeのチャンネルへお越しください。