heibonkinoko ミニトマトのミニチュア作ってみた!
再生

ブラウザーで視聴する

heibonkinoko ミニトマトのミニチュア作ってみた!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

heibonkinoko ミニトマトのミニチュア作ってみた!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko ミニトマトのミニチュア作ってみた!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko ミニトマトのミニチュア作ってみた!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
heibonkinoko ミニトマトのミニチュア作ってみた!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

heibonkinoko ミニトマトのミニチュア作ってみた!

heibonkinoko ミニトマトのミニチュア作ってみた!

みなさんこんにちは!ミニチュアクリエイターのheibonkinokoです。 今回はスーパーの野菜売り場で見かけるような、透明なパックに入ったミニトマトのミニチュア作りをお届けします。 【ミニチュア製作の簡単な流れは以下のようになります】 1.樹脂粘土に絵の具の赤を混ぜて色付けする。 2.粘土を直径2~3ミリの大きさに小さく丸めて乾燥させる。 完全に乾燥する前に塗装がしやすいように真鍮線を実にさしておきました。 3.水で薄めた絵の具の赤を表面に薄く塗る。 ベタ塗りにならないように薄い膜ができるぐらいの感じに塗り、ツヤ感はクリアーで調整しました。 4.ヘタのデザインを印刷した紙を貼った0.3mm厚のプラバンを、デザインに沿ってカットする。 5.ヘタの形になったプラバンを平らなプラバンに接着する。 6.「型取くん」を使って型取りする。 型取くんはお湯に入れると柔らかくなる素材の型取り用アイテムです。 7.出来上がった型に緑色の粘土を詰める。 8.型から粘土を取り出したら、楊枝を使ってヘタに癖をつける。 ヘタが平らだとおかしいので先端が少し丸まるように癖をつけました。 9.先に作ったトマトの実に接着し、自作した透明容器にいれたらミニチュアの完成。 容器はプラ材で原型を作り塩ビ板をバキュームフォームして作りました。 本日はご覧いただきありがとうございました。 我が家では毎年5月にその年に家庭菜園で育てる夏野菜を決めるわけなのですが、やっぱりミニトマトは外せないか等々考えていたらミニチュアも作りたくなり挑戦してみましたが、いかがだったでしょうか? 個人的にはミニトマトのヘタはもう少し小さく尚且つ細く作るとリアル感がもっと出たのかなと思いました。 今回の反省を次回以降のミニチュア作りに活かせればと思っていますので今後ともよろしく願い致します。 ではまた次回新しいミニチュアが完成しましたらご報告させていただきます。 ではまた~

再生時間
00:01:03
配信期間
未定
タイトル情報
heibonkinoko
YouTubeで「HMS2-ハムスターのミニチュア工房2」という、ミニチュアを中心としたモノ作りチャンネルを運営しています。動画の内容は粘土やプラバンなどを使った日常の生活で目にする食べ物や家具・家電などのミニチュア作りがメインです。こちらのYahoo! JAPAN クリエイターズプログラムでは、そうしたミニチュアの製作シーンを簡潔にまとめた1~2分で楽しめる動画作りを心掛けています。より細かな製作シーンをご覧になりたい方はYouTubeのチャンネルへお越しください。