heibonkinoko ホリデーシーズンにピッタリなローストチキンレッグのミニチュア作ってみた!!
再生

ブラウザーで視聴する

heibonkinoko ホリデーシーズンにピッタリなローストチキンレッグのミニチュア作ってみた!!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

heibonkinoko ホリデーシーズンにピッタリなローストチキンレッグのミニチュア作ってみた!!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko ホリデーシーズンにピッタリなローストチキンレッグのミニチュア作ってみた!!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko ホリデーシーズンにピッタリなローストチキンレッグのミニチュア作ってみた!!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
heibonkinoko ホリデーシーズンにピッタリなローストチキンレッグのミニチュア作ってみた!!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

heibonkinoko ホリデーシーズンにピッタリなローストチキンレッグのミニチュア作ってみた!!

heibonkinoko ホリデーシーズンにピッタリなローストチキンレッグのミニチュア作ってみた!!

みなさんこんにちは!ミニチュアクリエイターのheibonkinokoです。 この動画では樹脂粘土を使って作るローストチキンレッグのミニチュア作りの様子をお届けします。ホリデーシーズンにピッタリなアイテムだと思うので是非ご覧ください。 【ミニチュア製作工程】 1.黄土色に少しの赤を加えて薄っすら色付けした粘土を爪楊枝を使って鶏のモモ肉の形にします。 全体が丸っこくならないように、丸い部分と角ばっている部分が混在するように意識して作ってみました。 2.白い粘土を薄く伸ばし、クシャクシャにしたアルミホイルで叩いて模様をつけます。 3.それを1で作ったモモ肉にかぶせて余計な粘土を楊枝で取り除きます。 かぶせる前にモモ肉側に水で溶いたボンドを少し塗ってあります。 4.粘土を乾燥させ、茶系のアクリル絵の具を使って焼き色をつけます。 この後色付きのニスを塗るので、その色に負けないようにややはっきり目に色を塗っています。 5.ブラウンのニスを表面に塗り照りを出します。 ニスは一度だと少し薄いかなと思ったので二度塗りしてあります。この辺は好みの問題ですね。 6.紙で作った持ち手を取り付けてお皿に盛れば完成です。 持ち手は白い紙を半分に折って、そこにナイフで切れ込みを入れて作りました。 付け合わせのレタスは粘土を薄く伸ばし、爪楊枝を使ってヒダができるように折りたたみ、緑色の絵の具で色付けして作りました。 いかがだったでしょうか? ローストチキンというと鶏を丸ごと使ったものや今回のようなモモ肉だけのものを思い浮かべるかと思いますが、今回はモモ肉だけのローストチキンを作ってみました。 ちなみにミニチュア作りの難易度だとモモ肉だけの方が少し大変かなと思います。というのも丸鶏の場合他に似た形のものがないので、丸い胴体にそれらしい形をしたモモ肉などの部位が付いていれば多少不格好でもそれらしく見えるわけです。しかしモモ肉単体の場合はそうもいかず、一歩間違えると最悪こん棒に見えてしまう恐れが・・・ そのため今回のモモ肉のミニチュア作りでは、動画では2本しか映っていないチキンを実際は5本作ってその中からいいものを選ぶようにしました。 なんとかそれっぽく見えていれば幸いです。 また次回新しいミニチュアが完成しましたらご報告させていただきます。 ではまた~ 音源提供:Nash Music Library

再生時間
00:01:02
配信期間
未定
タイトル情報
heibonkinoko
YouTubeで「HMS2-ハムスターのミニチュア工房2」という、ミニチュアを中心としたモノ作りチャンネルを運営しています。動画の内容は粘土やプラバンなどを使った日常の生活で目にする食べ物や家具・家電などのミニチュア作りがメインです。こちらのYahoo! JAPAN クリエイターズプログラムでは、そうしたミニチュアの製作シーンを簡潔にまとめた1~2分で楽しめる動画作りを心掛けています。より細かな製作シーンをご覧になりたい方はYouTubeのチャンネルへお越しください。