heibonkinoko ブルドック風中濃ソースのミニチュア作ってみた!
再生

ブラウザーで視聴する

heibonkinoko ブルドック風中濃ソースのミニチュア作ってみた!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

heibonkinoko ブルドック風中濃ソースのミニチュア作ってみた!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko ブルドック風中濃ソースのミニチュア作ってみた!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko ブルドック風中濃ソースのミニチュア作ってみた!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
heibonkinoko ブルドック風中濃ソースのミニチュア作ってみた!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

heibonkinoko ブルドック風中濃ソースのミニチュア作ってみた!

heibonkinoko ブルドック風中濃ソースのミニチュア作ってみた!

みなさんこんにちは!ミニチュアクリエイターのheibonkinokoです。 今回はブルドックソース風のミニチュア中濃ソース作りをお届けします。 まずはプラバンを利用した原型作りからスタートして、中身のソース、容器とキャップ、最後にフタを作る流れです。 【ミニチュア製作の簡単な流れは以下のようになります】 1.瞬間接着剤で3ミリ厚のプラバンを貼り合わせ、ヤスリで削ってソースのボトルの形にする。 3ミリ厚のプラバンは1.5ミリ厚を2枚重ねて作りました。 2.そこに短くカットした太さ5×5ミリのプラ棒を瞬間接着剤で接着し、ボトルの大きさに合わせて削りフタの形にする。 3.形ができたら瞬間接着剤で接着した部分にナイフを入れて分解する。 4.その後ボトルパーツにボトルの首となる半円のプラ材を接着したら原型の完成。 首になる半円のプラ材は普通のプラ用接着剤で接着しています。 5.ボトルの原型を「型取くん」で型取りしたら、型にソース色に着色したUVレジンを流して固める。 固まったレジンは艶消し状態だったのでその後クリアーを塗りました。 6.ボトルの形に固まったレジンを自作バキュームフォーマーに設置してバキュームフォームする。 自作バキュームフォーマーは掃除機を改造して作った道具で、その吸引力で原型と押し付けた板を密着させます。今回はレジン製の原型に電気コンロで温めた塩ビ板を押し付けました。 7.塩ビ板の不要な部分はカット、同じものを二つ作り貼り合わせる。 8.薄くスライスした丸棒のプラ材を重ねてキャップ部分を作りボトルに接着する。 9.自作デカールを貼る。 デカールは本物を参考にしてパソコンでデザインし印刷して作りました。 10.2で作ったフタの原型をバキュームフォームする。 11.完成したフタをボトルに被せたらミニチュアソースの完成。 ブルドックソースと言えば中濃ソースの他にとんかつソースやウスターソースがありますが、今回は一番親しみがあった中濃ソースにしてみました。デカールを変更すれば他のソースもできそうですね。 本日はご覧いただきありがとうございました。 ではまた次回新しいミニチュアが完成しましたらご報告させていただきます。 ではまた~

再生時間
00:01:41
配信期間
未定
タイトル情報
heibonkinoko
YouTubeで「HMS2-ハムスターのミニチュア工房2」という、ミニチュアを中心としたモノ作りチャンネルを運営しています。動画の内容は粘土やプラバンなどを使った日常の生活で目にする食べ物や家具・家電などのミニチュア作りがメインです。こちらのYahoo! JAPAN クリエイターズプログラムでは、そうしたミニチュアの製作シーンを簡潔にまとめた1~2分で楽しめる動画作りを心掛けています。より細かな製作シーンをご覧になりたい方はYouTubeのチャンネルへお越しください。