heibonkinoko スーパーで売られていそうな焼きそばのミニチュア作ってみた!!
再生

ブラウザーで視聴する

heibonkinoko スーパーで売られていそうな焼きそばのミニチュア作ってみた!!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

heibonkinoko スーパーで売られていそうな焼きそばのミニチュア作ってみた!!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko スーパーで売られていそうな焼きそばのミニチュア作ってみた!!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko スーパーで売られていそうな焼きそばのミニチュア作ってみた!!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
heibonkinoko スーパーで売られていそうな焼きそばのミニチュア作ってみた!!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

heibonkinoko スーパーで売られていそうな焼きそばのミニチュア作ってみた!!

heibonkinoko スーパーで売られていそうな焼きそばのミニチュア作ってみた!!

みなさんこんにちは!ミニチュアクリエイターのheibonkinokoです。 今回はスーパーでよく見かける「マルちゃん焼きそば」に似せたミニチュアの袋入りの焼きそばを作ってみたので、よろしければご覧ください。 【ミニチュア製作の簡単な流れは以下のようになります】 1.4センチほどの長さの細いプラ棒を指先で適当に折り曲げながら丸める。 2.複数個作って、それを12ミリ角にカットしたプラバンに隙間なく接着する。 これが麺の原型になります。 3.お湯で柔らかくした型取くんを使って型取りして麺の型を作る。 4.絵の具で薄い黄色に色付けした樹脂粘土を型に詰めて取り出す。 5.粘土が乾燥したら透明なビニール袋で包む。 ビニールの接着にはクリップシーラーを使いました。以下ビニールを接着する作業でも同じです。 6.6.5×5ミリと小さくカットしたプラバンをアルミホイルに挟んで、少しの余白を残して余計な部分はカットする。接着には両面テープを使っています これが付属の袋入りのソースになります。 7.透明なビニールに自作したデカールを貼り、乾燥後袋状にする。 8.麺とソースを袋に入れて、ビニタイで袋を閉じたらミニチュア焼きそばの完成。 使用した赤いビニタイは本物で使われているものを小さくカットして利用しました。 いかがだったでしょうか? 今回プラ棒を使った麺の原型作りを試しましたが、結構うまくいったので同じ方法で他の麺商品も作れないか検討中です。使うプラ棒の太さや作る原型の厚さを変えるなど色々と試してみたいと思います。 本日はご覧いただきありがとうございました。 ではまた次回新しいミニチュアが完成しましたらご報告させていただきます。 ではまた~ 音源提供:Nash Music Library

再生時間
00:01:17
配信期間
未定
タイトル情報
heibonkinoko
YouTubeで「HMS2-ハムスターのミニチュア工房2」という、ミニチュアを中心としたモノ作りチャンネルを運営しています。動画の内容は粘土やプラバンなどを使った日常の生活で目にする食べ物や家具・家電などのミニチュア作りがメインです。こちらのYahoo! JAPAN クリエイターズプログラムでは、そうしたミニチュアの製作シーンを簡潔にまとめた1~2分で楽しめる動画作りを心掛けています。より細かな製作シーンをご覧になりたい方はYouTubeのチャンネルへお越しください。