heibonkinoko シャベル・スコップのミニチュア作ってみた!!
再生

ブラウザーで視聴する

heibonkinoko シャベル・スコップのミニチュア作ってみた!!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

heibonkinoko シャベル・スコップのミニチュア作ってみた!!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko シャベル・スコップのミニチュア作ってみた!!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko シャベル・スコップのミニチュア作ってみた!!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
heibonkinoko シャベル・スコップのミニチュア作ってみた!!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

heibonkinoko シャベル・スコップのミニチュア作ってみた!!

heibonkinoko シャベル・スコップのミニチュア作ってみた!!

みなさんこんにちは!ミニチュアクリエイターのheibonkinokoです。 この動画では地面に穴を掘るときに使うシャベル(スコップとも言いますが以下記事内ではシャベルで統一させていただきます)のミニチュアをプラバンなどのプラ材を加工して作る様子をお届けします。 【ミニチュア製作の簡単な流れは以下のようになります】 1.シャベルの先端部分の形にカットしたプラバンにエポキシパテをのせて形を作る。 2.パテが硬化したらプラバンに貼り付けて、パテの周りと凹んだ部分に穴をあける。 3.自作のバキュームフォーマーに設置して、電気コンロで温めたプラバンを押し付けて成形する。 バキュームフォーマーは掃除機を改造して作りました。吸引する力を利用して原型とプラバンを密着させてプラバンを原型と同じ形にすることができます。 4.余計なプラバンを切り落とし切り口を整える。 5.半円のプラ棒を指で曲げてシャベルの持ち手を作る。 6.シャベルの先端と持ち手を丸棒で繋げる。 丸棒のシャベルの先端と接着する部分は事前に削って尖らせてあります。 7.全体を銀色に塗装して完成です。 今回のミニチュア作りはいかがだったでしょうか? 盛るパテの厚さと中央のへこみ部分の深さをどの程度がいいだろうか?と悩みましたが、結局考えてもわからないので何ミリとかではなく見た目で違和感がなければOK!で作業しました(笑)。 ちなみに呼び方についてですが、東日本だとこういった大きなものをスコップ草花の手入れで使う小さいものをシャベル、西日本だとその反対で大きいものをシャベル小さいものをスコップと言うことが多いようです。JIS規格だと今回のようなものをシャベルと言うらしいので記事内ではそうさせていただきました。 本日はご覧いただきありがとうございました。 ではまた次回新しいミニチュアが完成しましたらご報告させていただきます。 ではまた~ 音源提供:Nash Music Library

再生時間
00:01:03
配信期間
未定
タイトル情報
heibonkinoko
YouTubeで「HMS2-ハムスターのミニチュア工房2」という、ミニチュアを中心としたモノ作りチャンネルを運営しています。動画の内容は粘土やプラバンなどを使った日常の生活で目にする食べ物や家具・家電などのミニチュア作りがメインです。こちらのYahoo! JAPAN クリエイターズプログラムでは、そうしたミニチュアの製作シーンを簡潔にまとめた1~2分で楽しめる動画作りを心掛けています。より細かな製作シーンをご覧になりたい方はYouTubeのチャンネルへお越しください。