heibonkinoko めんつゆのミニチュア作ってみた!
再生

ブラウザーで視聴する

heibonkinoko めんつゆのミニチュア作ってみた!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

heibonkinoko めんつゆのミニチュア作ってみた!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko めんつゆのミニチュア作ってみた!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
heibonkinoko めんつゆのミニチュア作ってみた!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
heibonkinoko めんつゆのミニチュア作ってみた!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

heibonkinoko めんつゆのミニチュア作ってみた!

heibonkinoko めんつゆのミニチュア作ってみた!

みなさんこんにちは!ミニチュアクリエイターのheibonkinokoです。 前回の動画でお中元にありそうな箱入り素麺のミニチュア作りをお届けしたので、今回はそれに合わせてめんつゆのミニチュア作りをお届けします。そうめんだけでなく冷麦や蕎麦など麺類全般に使えそうなものとして作ってみました。 動画は半丸プラ材をベースにした原型作りからスタートして、原型の型取り作業と複製品作り、バキュームフォームによるボトル容器作り、仕上げといった流れで進んでいきます。 【ミニチュア製作の簡単な流れは以下のようになります】 1.長さ25ミリにカットした直径6.4ミリの半丸プラ材の上下に0.5ミリ厚のプラバンを巻いて太さを調整する。プラバンの幅は上から11ミリ、12ミリ。 プラバンとプラバンの間にできる中央の溝は完成時ボトルのくびれになる部分です。 2.その上からさらに0.3ミリ厚のプラバンを巻いてめんつゆボトルの凹凸部分を再現する。プラバンの幅は上から2ミリ、1ミリ、15ミリ、2ミリ。 3.ヤスリで削って形を整える。 4.完成した原型を型取くんで型取りする。 型取くんはお湯で柔らかくなる型取り用のアイテムです。 5.完成した型に透明なUVレジンを流して固める。 プラ材で作った原型と同じ形のものをレジンで作り、この後のバキュームフォームに利用します。 6.自作バキュームフォーマーに複製したレジンを置いてバキュームフォームする。 自作バキュームフォーマーは掃除機を改造して作った道具で、設置した原型に電気コンロで温めて柔らかくした薄い板を押し付けることで、押し付けた板が原型と同じ形になります。今回は押し付ける板に透明塩ビ板を使用しています。 7.余計な塩ビ板を切り落としたらレジンを外し、空のボトル容器の中に黒く着色したUVレジンを入れて固める。 着色には「宝石の雫 ブラック」を使いました。 8.半分のボトルふたつをひとつに接着して、キャップと商品ラベルとして作った自作シールを貼ってミニチュアを完成させる。 キャップは直径3.2ミリの丸棒プラ材を着色して作り、商品ラベルは市販のめんつゆを参考にして似た雰囲気のデザインをパソコンで作りシールにしました。 本日はご覧いただきありがとうございました。 今回作ったミニチュアのめんつゆは市販の「にんべん つゆの素1000ml」を参考にして似た雰囲気になるように作ってみましたがいかがだったでしょうか? 汎用性の高い商品だと思うので、そうめんに限らず冷麦や蕎麦など他の麺類のミニチュアのオプションパーツとしても使えそうですね。少しでもめんつゆっぽいと思っていただけたら幸いです。 ではまた次回新しいミニチュアが完成しましたらご報告させていただきます。 ではまた~ 音源提供:Nash Music Library

再生時間
00:01:45
配信期間
未定
タイトル情報
heibonkinoko
YouTubeで「HMS2-ハムスターのミニチュア工房2」という、ミニチュアを中心としたモノ作りチャンネルを運営しています。動画の内容は粘土やプラバンなどを使った日常の生活で目にする食べ物や家具・家電などのミニチュア作りがメインです。こちらのYahoo! JAPAN クリエイターズプログラムでは、そうしたミニチュアの製作シーンを簡潔にまとめた1~2分で楽しめる動画作りを心掛けています。より細かな製作シーンをご覧になりたい方はYouTubeのチャンネルへお越しください。