bouncy / バウンシー iPadが子供の潜在能力を引き出す。ある特別支援学校の取り組み
再生

ブラウザーで視聴する

bouncy / バウンシー iPadが子供の潜在能力を引き出す。ある特別支援学校の取り組み

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

bouncy / バウンシー iPadが子供の潜在能力を引き出す。ある特別支援学校の取り組み

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
bouncy / バウンシー iPadが子供の潜在能力を引き出す。ある特別支援学校の取り組み

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
bouncy / バウンシー iPadが子供の潜在能力を引き出す。ある特別支援学校の取り組み

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
bouncy / バウンシー iPadが子供の潜在能力を引き出す。ある特別支援学校の取り組み

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

bouncy / バウンシー iPadが子供の潜在能力を引き出す。ある特別支援学校の取り組み

bouncy / バウンシー iPadが子供の潜在能力を引き出す。ある特別支援学校の取り組み

テクノロジーの進歩には、いままで難しかったことをやりやすくし、様々な可能性を広げ、新しい才能を開花させる、という側面がある。 東京都立石神井特別支援学校では、iPadを使って、知的障がいや発達障がいのある子どもたちに、彼らが生まれながらに持っているクリエイティビティを引き出し、解き放つ授業をおこなっている。 映像作品を創ったり、スライドショーを創ったり、音楽を創ったりと、取り組む幅は非常に広い。 見学させてもらった授業は、テーマに沿ってイラストを描きあげていくもの。 「持続可能な開発目標」をテーマに絵を描く 扱うテーマはなんと「SDGs(持続可能な開発目標)」。2015年に国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に掲げられた17の目標で、「各国はその力を結集し、あらゆる形態の貧困に終止符を打ち、不平等と闘い、気候変動に対処しながら、誰も置き去りにしないことを確保するための取り組みを進めて」いくこととなっている。 非常に抽象度の高いテーマだ。 授業の冒頭、生徒のひとりが手を上げ、こう質問した。 「みんなでこれをやったら、平和になる?」 率直な質問。海老沢穰先生は、その問いに「なる。だから大人も子供も、この目標に向けてアイディアを出していこう」と答える。 ・ ・ ・ SDGsが宣言する「誰も置き去りにしない世界」。 iPadなどの使いやすいプロダクトやテクノロジーが、そのコンセプトを軽やかに実装していく。 未来の見方が、少し変わった。

再生時間
00:01:52
配信期間
未定
タイトル情報
bouncy / バウンシー
「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。
GYAO! 広告

映像一覧