bouncy / バウンシー 発泡スチロールを彫刻する芸術家ロボット「YuMi IRB 14000」2本の腕と電熱線で曲線カットができる!
再生

ブラウザーで視聴する

bouncy / バウンシー 発泡スチロールを彫刻する芸術家ロボット「YuMi IRB 14000」2本の腕と電熱線で曲線カットができる!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

bouncy / バウンシー 発泡スチロールを彫刻する芸術家ロボット「YuMi IRB 14000」2本の腕と電熱線で曲線カットができる!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
bouncy / バウンシー 発泡スチロールを彫刻する芸術家ロボット「YuMi IRB 14000」2本の腕と電熱線で曲線カットができる!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
bouncy / バウンシー 発泡スチロールを彫刻する芸術家ロボット「YuMi IRB 14000」2本の腕と電熱線で曲線カットができる!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
bouncy / バウンシー 発泡スチロールを彫刻する芸術家ロボット「YuMi IRB 14000」2本の腕と電熱線で曲線カットができる!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

bouncy / バウンシー 発泡スチロールを彫刻する芸術家ロボット「YuMi IRB 14000」2本の腕と電熱線で曲線カットができる!

bouncy / バウンシー 発泡スチロールを彫刻する芸術家ロボット「YuMi IRB 14000」2本の腕と電熱線で曲線カットができる!

発泡スチロールが芸術作品に? スイス連邦工科大学が開発した「YuMi IRB 14000」は、2本の腕で電熱線を巧みに操り発泡スチロールを彫刻できるロボット。断面を直線にカットするだけでなく、曲線もカットできるが特徴だ。 公式サイトから論文が読める。 曲線をカットするのに必要な要素 発泡スチロールを曲線にカットするために必要なのは精確な形状の計算と3Dのモデル化、そして、それを削り出す伸縮しない弾性の金属ワイヤーだという。伸縮しない必要があるのは、3Dモデルを削り出す際に2本のアームが伸びてしまう計算外の動きは、事前にカットの軌道が予想できなくなってしまうからだ。 現在はうさぎだけでなく、鳥や魚、手などいろいろな形を削り出すことに挑戦している。 今後、カットできるものが木材や鉄などに広がっていけば、3Dモデル化したものをもっと簡単に現実のものとして創作できるかもしれない。 ・ ・ ・ いつか彫刻芸術を創りだすロボットが誕生するかも? Simon Duenser, Roi Poranne, Bernhard Thomaszewski, Stelian Coros

再生時間
00:00:41
配信期間
未定
タイトル情報
bouncy / バウンシー
「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。
GYAO! 広告

映像一覧