bouncy / バウンシー 時速120kmのレーシングドローン「Airspeeder Mk3」。新感覚のレジャーがもうすぐ誕生?
再生

ブラウザーで視聴する

bouncy / バウンシー 時速120kmのレーシングドローン「Airspeeder Mk3」。新感覚のレジャーがもうすぐ誕生?

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

bouncy / バウンシー 時速120kmのレーシングドローン「Airspeeder Mk3」。新感覚のレジャーがもうすぐ誕生?

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
bouncy / バウンシー 時速120kmのレーシングドローン「Airspeeder Mk3」。新感覚のレジャーがもうすぐ誕生?

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
bouncy / バウンシー 時速120kmのレーシングドローン「Airspeeder Mk3」。新感覚のレジャーがもうすぐ誕生?

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
bouncy / バウンシー 時速120kmのレーシングドローン「Airspeeder Mk3」。新感覚のレジャーがもうすぐ誕生?

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

bouncy / バウンシー 時速120kmのレーシングドローン「Airspeeder Mk3」。新感覚のレジャーがもうすぐ誕生?

bouncy / バウンシー 時速120kmのレーシングドローン「Airspeeder Mk3」。新感覚のレジャーがもうすぐ誕生?

スターウォーズのようなレースが2021年に開催されるかも? 「Airspeeder Mk3」は、電動の垂直離着陸機(eVTOL)だ。レース用に開発され、時速120kmの速さで空を駆け抜ける。 2021年には、南オーストラリアでこの機体が10台以上が製造され、フライングレーシングが開催される予定。 プロペラ8枚で立体的に飛行 「Airspeeder Mk3」は全長が約4メートル・機体重量が100kgの機体だ。中に人が乗り込むことはできず、パイロットは遠隔で操作する。 4箇所に2枚ずつのプロペラがあり、機体を中心にX型に配置されている。この機構により、上下左右を含めた3次元の走行が可能。立体的なレースが楽しめそうだ。 2022年には有人飛行を目指す 2022年には、有人飛行を目指す「Airspeeder Mk4」も開発予定。「Airspeeder Mk3」で衝突回避システムを確立し、安全性を確保したのち、有人飛行のレースを目標としている。 フライングレースに用い要られた技術革新は、いずれ我々民間の輸送技術にも反映され、生活を便利にしてくれるかもしれない。 ・ ・ ・ もうすぐ誕生する新たなレジャーに、あなたも胸がバウンスするかも?

再生時間
00:00:40
配信期間
未定
タイトル情報
bouncy / バウンシー
「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。