bouncy / バウンシー 新型コロナと戦う消毒ロボット「XDBOT」をシンガポールの大学が開発
再生

ブラウザーで視聴する

bouncy / バウンシー 新型コロナと戦う消毒ロボット「XDBOT」をシンガポールの大学が開発

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

bouncy / バウンシー 新型コロナと戦う消毒ロボット「XDBOT」をシンガポールの大学が開発

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
bouncy / バウンシー 新型コロナと戦う消毒ロボット「XDBOT」をシンガポールの大学が開発

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
bouncy / バウンシー 新型コロナと戦う消毒ロボット「XDBOT」をシンガポールの大学が開発

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
bouncy / バウンシー 新型コロナと戦う消毒ロボット「XDBOT」をシンガポールの大学が開発

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

bouncy / バウンシー 新型コロナと戦う消毒ロボット「XDBOT」をシンガポールの大学が開発

bouncy / バウンシー 新型コロナと戦う消毒ロボット「XDBOT」をシンガポールの大学が開発

新型コロナが世界全体に広がっている今、いたるところで消毒を担当するクリーナーの需要が高まっている。 そんな中シンガポールのNANYANG TECHNOLOGICAL大学が開発したのは、6軸のロボットアームで半自律的に消毒をする「XDBOT」だ。商業的需要があり次第、製品版の開発をするそう。 公式サイトから詳しい情報をチェックできる。 ノートPCやタブレットから操作でき使用者も安全 「XDBOT」はノートPCやタブレットを使いワイヤレスで遠隔制御でき、操作する人間の感染リスクが下げられるそうだ。特殊な光によって測距を行い、高解像度のカメラを使用して半自律的に移動してくれる。ロボットアーム部分は人間のオペレーターが操作するそうだ。 6軸のロボットアームは人間の動きを模倣し、テーブルの下やドアノブなどの細かな部分まで消毒できる。消毒剤は土台に搭載された8.5リットルの大型タンクから供給され、噴射される。保育所、病院、老人ホーム、ショッピングモールなどでの活躍が期待される。 ・ ・ ・ 人類の叡智とテクノロジーが新型コロナを封じ込める日も近い? NANYANG TECHNOLOGICAL UNIVERSITY

再生時間
00:00:45
配信期間
未定
タイトル情報
bouncy / バウンシー
「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。
GYAO! 広告

映像一覧