bouncy / バウンシー 不確かだけれども存在している「何か」を伝えるコンテンポラリーアート「虚実の距離」
再生

ブラウザーで視聴する

bouncy / バウンシー 不確かだけれども存在している「何か」を伝えるコンテンポラリーアート「虚実の距離」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

bouncy / バウンシー 不確かだけれども存在している「何か」を伝えるコンテンポラリーアート「虚実の距離」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
bouncy / バウンシー 不確かだけれども存在している「何か」を伝えるコンテンポラリーアート「虚実の距離」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
bouncy / バウンシー 不確かだけれども存在している「何か」を伝えるコンテンポラリーアート「虚実の距離」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
bouncy / バウンシー 不確かだけれども存在している「何か」を伝えるコンテンポラリーアート「虚実の距離」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

bouncy / バウンシー 不確かだけれども存在している「何か」を伝えるコンテンポラリーアート「虚実の距離」

bouncy / バウンシー 不確かだけれども存在している「何か」を伝えるコンテンポラリーアート「虚実の距離」

こちらは、2020年の高松コンテンポラリーアート・アニュアル vol.09「時どきどき想像」(高松市美術館)に出展されたアート作品「虚実の距離」。 床には様々な形状の食器が並び、天井からは米や大豆の入った透明の管がぶら下がっている。そして両者の間を、半透明の円柱型の袋が、空気で膨らんだりしぼんだりしながらゆっくりと上下し続けている。 思わず足を止めて見入ってしまう不思議な空気感の作品だ。 私たちの社会に不確かだけれども存在している「何か」 袋が膨らんでいるときには見えない食器が、しぼんでいくことで意味深に浮かび上がる。 食器や食物という身近な存在を通して、私たちの生活の中にある「見えるもの」と「見えないもの」、さらには「見ようとしていないもの」や「見えているつもりになっているもの」、そして作品名にもある「虚」と「実」を暗示しているように感じる。 また、2つの集合体の間を行き来する透明な袋は、両者をつなげたり、逆に引き離したりしているようにも見える。絶え間なく動く様子から時の流れを連想したり、袋ごとに異なる動きの周期から社会の多様性を感じたりする人もいるだろう。 作者の大西康明氏は次のように語る。 「これら作品の中に起こる事象や関係性は我々が生きているこの世界や社会の在り方を示唆しています。そして、我々の知覚に働きかけながらこれまでとは違った位置からそれらを見つめる機会を作品として提示します。」 ・ ・ ・ 私たちの社会に、不確かだけれども存在している「何か」。世界が不安に包まれている今こそ、アート作品を通して新たな視点で向き合ってみては?

再生時間
00:00:58
配信期間
未定
タイトル情報
bouncy / バウンシー
「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。
GYAO! 広告

映像一覧