bouncy / バウンシー ソニーのAROMASTIC新カートリッジ「文学の香り 太宰治」体験会レポート
再生

ブラウザーで視聴する

bouncy / バウンシー ソニーのAROMASTIC新カートリッジ「文学の香り 太宰治」体験会レポート

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

bouncy / バウンシー ソニーのAROMASTIC新カートリッジ「文学の香り 太宰治」体験会レポート

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
bouncy / バウンシー ソニーのAROMASTIC新カートリッジ「文学の香り 太宰治」体験会レポート

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
bouncy / バウンシー ソニーのAROMASTIC新カートリッジ「文学の香り 太宰治」体験会レポート

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
bouncy / バウンシー ソニーのAROMASTIC新カートリッジ「文学の香り 太宰治」体験会レポート

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

bouncy / バウンシー ソニーのAROMASTIC新カートリッジ「文学の香り 太宰治」体験会レポート

bouncy / バウンシー ソニーのAROMASTIC新カートリッジ「文学の香り 太宰治」体験会レポート

小説を読んでいるとき、その場面が頭に浮かんでくることってありますよね。 そこに、さらに「香り」をプラスできたら……? ソニーのパーソナルディフューザーAROMASTICの新カートリッジ「文学の香り 太宰治」を使って、そんな読書を体験してきました。 「文学の香り」が楽しめる体験会 ソニーのスタートアッププログラムから生まれたAROMASTIC。いつでもどこでも片手で手軽に、好きなアロマを楽しめるデバイスです。ミストではなく空気で香りを噴射するため、周囲に香りが広がりにくく、オフィスの自分の机などでも気兼ねなく使えます。 AROMASTICはさまざまなカートリッジを用意しており、交換すればいろんなアロマを楽しめます。今回登場した新カートリッジは、「文学の香り 太宰治」というもの。太宰治の代表作「人間失格」から、5つのシーンをイメージした香りが封じ込められています。 2019年6月19日は太宰治生誕110周年ということで、「文学の香り 太宰治」の体験会が開催。読書好きな筆者、「文学の香り」が気になってしまったので、体験会へ参加してみました。「なるほど……」と思わされる結果となりました。 香りで読書する新体験! 体験会の参加者には、入り口で「文学の香り 太宰治」がセットされたAROMASTICを手渡されます。そのまま試すとほど良い香りのアロマで、「これが文学の香り……」とはならず。 しかし、俳優の萬波 大輔氏を招いて行われた朗読会で、その真価を発揮します。迫真の演技で人間失格の各シーンが朗読され、それだけでもぜいたく。そして該当するカートリッジ番号が会場のスクリーンに表示され、その香りを吸ってみると…… 描写シーンの背景に漂っていそうな香り!人によって感想は異なると思いますが、「言われてみると確かに」という程度ながら、確かにわかる。 筆者が最も気に入ったのは、「たばこ屋の娘」のシーン。石けんのいい香りというか、女性らしい香りがします。 ヨシ子と話していると、こんな香りが漂っているのかも……と想像させてくれました。 アロマっぽいふんわりとした香りなのは、人それぞれ想像する香りが異なるからなのかな、と思いました。あえて香りに幅を持たせることで、読者の感覚を制限しないようにしているのかも。

再生時間
00:01:21
配信期間
未定
タイトル情報
bouncy / バウンシー
「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。
GYAO! 広告

映像一覧