bouncy / バウンシー キャンバスは「皮膚の下」?一度見たら忘れられない現代アート「BAJO MI PIEL」
再生

ブラウザーで視聴する

bouncy / バウンシー キャンバスは「皮膚の下」?一度見たら忘れられない現代アート「BAJO MI PIEL」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

bouncy / バウンシー キャンバスは「皮膚の下」?一度見たら忘れられない現代アート「BAJO MI PIEL」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
bouncy / バウンシー キャンバスは「皮膚の下」?一度見たら忘れられない現代アート「BAJO MI PIEL」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
bouncy / バウンシー キャンバスは「皮膚の下」?一度見たら忘れられない現代アート「BAJO MI PIEL」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
bouncy / バウンシー キャンバスは「皮膚の下」?一度見たら忘れられない現代アート「BAJO MI PIEL」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

bouncy / バウンシー キャンバスは「皮膚の下」?一度見たら忘れられない現代アート「BAJO MI PIEL」

bouncy / バウンシー キャンバスは「皮膚の下」?一度見たら忘れられない現代アート「BAJO MI PIEL」

スペインのアーティストDavid Catáが10年にわたって手がけるアートプロジェクト「BAJO MI PIEL(私の皮膚の下で)」。その名の示す通り、このプロジェクトではDavid Catáの手の皮膚がキャンバスとなり作品が生まれる。 大切な人の記憶を皮膚の下に「植えつける」 2020年に発表された最新作は、自身が作曲した音楽も加わったビデオアートだ。まず、バイオリンの美しいメロディーが、手に縫いつけられた弦で奏でられているかのように表現される。 続いて現れるのは、手の皮膚の下に「植えつけ」られる大切な人の写真。手を土壌にして写真の「種」が発芽し、音楽の盛り上がりとともに花を咲かせていく。大切な人たちの記憶を失なわず、自分の中に生かし続けたいという願いをあらわしているという。 ・ ・ ・ 皮膚の下に描かれる現代アート。一瞬ギョッとしてしまうインパクトがあるが、だからこそその願いの強さがストレートに伝わってくるのかもしれない。 David Catá

再生時間
00:00:54
配信期間
未定
タイトル情報
bouncy / バウンシー
「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。
GYAO! 広告

映像一覧