aiko* 【お取り寄せ】東京、ドラマにも登場した行列ができるりんご飴専門店カフェCandyAppleのりんご飴
再生

ブラウザーで視聴する

aiko* 【お取り寄せ】東京、ドラマにも登場した行列ができるりんご飴専門店カフェCandyAppleのりんご飴

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

aiko* 【お取り寄せ】東京、ドラマにも登場した行列ができるりんご飴専門店カフェCandyAppleのりんご飴

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
aiko* 【お取り寄せ】東京、ドラマにも登場した行列ができるりんご飴専門店カフェCandyAppleのりんご飴

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
aiko* 【お取り寄せ】東京、ドラマにも登場した行列ができるりんご飴専門店カフェCandyAppleのりんご飴

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
aiko* 【お取り寄せ】東京、ドラマにも登場した行列ができるりんご飴専門店カフェCandyAppleのりんご飴

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

aiko* 【お取り寄せ】東京、ドラマにも登場した行列ができるりんご飴専門店カフェCandyAppleのりんご飴

aiko* 【お取り寄せ】東京、ドラマにも登場した行列ができるりんご飴専門店カフェCandyAppleのりんご飴

こんにちは。 お取り寄せ生活研究家aiko*です。 今日ご紹介するお取り寄せは「りんご飴」です。 りんご飴といえばお祭りの屋台で子供のころのお楽しみだった方も多いと思います。 私もみんなが持ってる大きなりんご飴にあこがれ、ねだって買ってもらったことがあります。 でも食べているうちに甘くて美味しいけど飽きてしまったりべたべたになってしまったり、 そのうち姫リンゴ飴や苺飴を買ってもらうようになった思い出があります。 少し前からりんご飴がおしゃれでイマドキのスイーツとして人気を集めています。 ドラマ「恋はつづくよどこまでも」7話でも登場した東京の行列ができるりんご飴専門店カフェ「CandyApple」からお取り寄せできると知り、今回お取り寄せしました。 こんなにおいしかった??と気づけば二人で3つのりんご飴をあっという間に完食。 今までのりんご飴のイメージががらりと変わりました。 厳選され、青森から毎日届くその季節に合ったりんごと薄くコーティングされた飴、そしてフレーバー。 すべてが合わさって美味しいスイーツになりました。 りんご自体もとても甘くてジューシーでシャクシャクとした食感なのですが、そこに飴のパリパリが加わると食感も楽しくそしてなによりびっくりするくらいりんご飴の甘さも際立ちます。 お店ではこのほかにも抹茶やきなこ、ドラマでも登場したヨーグルチョコなど種類も豊富です。 最近カフェも再開されたそうですので是非お店にも行ってみたいなと思いました。 ひとつだけご注意を。どうやら暖かいと飴がはがれやすいようです。 しっかり冷蔵庫で冷やし、冷やした状態のまま切るときれいにサクッと切ることができました。 ■参考情報 代官山Candy apple りんご飴専門店カフェ りんご飴 【Aセット】色んな味たっくさん たくさんのお取り寄せをご紹介しています。 ぜひプロフィールのところから、または関連動画から過去の動画もぜひご覧ください。 お取り寄せって全国の美味しいものが自宅に届いて楽しそう! でも実際にどんなふうに届くの? 梱包は?贈り物にできる?どんな味?と ちょっと気になったりしますよね。 これからも動画でそのあたりをお伝えできればいいなと思っています。 お取り寄せ生活研究家 aiko* お取り寄せ歴は20年以上。 料理研究家の母の影響で「食べる」楽しみや大切さを自然に学び、お取り寄せが生活の中に溶け込んだ環境で育ち、20歳過ぎから自分でもお取り寄せ生活を開始。毎日のようにお取り寄せを楽しむ日々。 自分が感じた「美味しい」、お取り寄せ生活の楽しさをひとりでも多くの友人たちに伝えたい、一緒に共有したい、という思いで、ブログ・雑誌など各メディア活動中です。

再生時間
00:02:01
配信期間
未定
タイトル情報
aiko*
料理研究家の母の影響で「食べる」楽しみや大切さを自然に学び、お取り寄せが生活の中に溶け込んだ環境で育ち、20歳過ぎから自分でもお取り寄せ生活を開始。結婚後は横浜で、毎日のようにお取り寄せを楽しむ日々。自分が感じた「美味しい」、お取り寄せ生活の楽しさをひとりでも多くの友人たちに伝えたい、一緒に共有したい、という思いで、ブログ・雑誌・ラジオ・セミナーなどで活動中。