YouTubeを見るだけで貧困支援、スリランカの貧しい学校がチャンネルをはじめたワケ
再生

ブラウザーで視聴する

YouTubeを見るだけで貧困支援、スリランカの貧しい学校がチャンネルをはじめたワケ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

YouTubeを見るだけで貧困支援、スリランカの貧しい学校がチャンネルをはじめたワケ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
YouTubeを見るだけで貧困支援、スリランカの貧しい学校がチャンネルをはじめたワケ

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
YouTubeを見るだけで貧困支援、スリランカの貧しい学校がチャンネルをはじめたワケ

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
YouTubeを見るだけで貧困支援、スリランカの貧しい学校がチャンネルをはじめたワケ

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

YouTubeを見るだけで貧困支援、スリランカの貧しい学校がチャンネルをはじめたワケ

YouTubeを見るだけで貧困支援、スリランカの貧しい学校がチャンネルをはじめたワケ

YouTubeチャンネル『アユボワンAyubowan School TV』は、スリランカの貧しい学校を舞台にしたYouTubeチャンネル。 支援を必要としている学校の生徒や先生が、自分たちで動画撮影に挑戦。配信された動画の広告収入が支援に充てられる。 支援者である視聴者は、動画を見たりチャンネル登録したりするだけで支援ができるという、いままでになく簡単で新しい支援の形だ。 ちなみに『アユボワン』とはスリランカの挨拶の言葉。こんにちは・さようなら・おはよう・こんばんは・ありがとう…あらゆる日常の場面で合言葉のように交わされる。 動画の見所は生徒の笑顔 動画の内容は、ブーブークッションを使ったドッキリ、生徒たちの絵心チェック、人が止まって動かないマネキンチャレンジなど。どこかYouTubeで見たことあるようなお題に生徒たちは挑戦している。 動画を見ると、カメラに慣れていない生徒たちは、段取りや説明がどこかぎこちない。日本で動画編集されているので、かなりYouTube「ぽく」なっているが、このぎこちない素の表情がかなり魅力的だ。 このブーブークッションの動画。ひっかかった後の先生のリアクションや生徒の笑顔から、先生と生徒の良好な関係性が伝わってきて、とても微笑ましい。 ・ ・ ・ YouTubeでは、チャンネル登録者が1000人を超えなければ収益化できないというハードルがある。 2020年4月時点で『アユボワンAyubowan School TV』はチャンネル登録者が1000人を超えておらず、まだ支援には至ってない。 見るだけでできる簡単支援、家でのスキマ時間に覗いてみては?

再生時間
00:01:14
配信期間
未定
タイトル情報
bouncy / バウンシー
「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。