TAKUMI~山陰の創造者たち~ TAKUMI – 山陰の創造者たち – SEASONⅡ♯19 建築板金・安達好宏(松江市
再生

ブラウザーで視聴する

TAKUMI~山陰の創造者たち~ TAKUMI – 山陰の創造者たち – SEASONⅡ♯19 建築板金・安達好宏(松江市

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

TAKUMI~山陰の創造者たち~ TAKUMI – 山陰の創造者たち – SEASONⅡ♯19 建築板金・安達好宏(松江市

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
TAKUMI~山陰の創造者たち~ TAKUMI – 山陰の創造者たち – SEASONⅡ♯19 建築板金・安達好宏(松江市

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
TAKUMI~山陰の創造者たち~ TAKUMI – 山陰の創造者たち – SEASONⅡ♯19 建築板金・安達好宏(松江市

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
TAKUMI~山陰の創造者たち~ TAKUMI – 山陰の創造者たち – SEASONⅡ♯19 建築板金・安達好宏(松江市

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

TAKUMI~山陰の創造者たち~ TAKUMI – 山陰の創造者たち – SEASONⅡ♯19 建築板金・安達好宏(松江市

TAKUMI~山陰の創造者たち~ TAKUMI – 山陰の創造者たち – SEASONⅡ♯19 建築板金・安達好宏(松江市

令和6年に遷宮を控える大田市の佐毘売山神社。社殿の修復が進むなか、建築板金のTAKUMI・安達好宏さん(38)が、檜皮葺きの屋根を銅板で覆う作業に追われています。 神社や寺院などの文化財は、活用できる部分を生かしながら、傷んだ部分を修復する。職人として自分の色を押さえながら、伝統を忠実に守り、作業を進めます。 15歳で職人の道に入った安達さんは、28歳の若さで、出雲大社平成の大遷宮の板金施工の現場を任されました。その経験と確かな技で、地域の宝である文化財を後世へつなぐ役割を果たしています。 安達さんに仕事への想いを聞きます。

再生時間
00:03:30
配信期間
未定
タイトル情報
TAKUMI~山陰の創造者たち~
伝統の技を継承しながら、新たな可能性に挑む山陰の伝統工芸作家=TAKUMI(匠) を紹介する。工房での製作の様子を捉え、TAKUMI の創作への思いを聞く。