Peanut Village 切れ味復活!初心者が包丁を研いでみる
再生

ブラウザーで視聴する

Peanut Village 切れ味復活!初心者が包丁を研いでみる

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

Peanut Village 切れ味復活!初心者が包丁を研いでみる

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
Peanut Village 切れ味復活!初心者が包丁を研いでみる

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
Peanut Village 切れ味復活!初心者が包丁を研いでみる

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
Peanut Village 切れ味復活!初心者が包丁を研いでみる

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

Peanut Village 切れ味復活!初心者が包丁を研いでみる

Peanut Village 切れ味復活!初心者が包丁を研いでみる

賃貸マンションで原状回復のセルフリノベーションをゆるゆると進めています 『Peanut Village』こと ぴーなっつです! DIYや収納、掃除など動画でお伝えしていきます ******************** 日々のお料理に欠かせない包丁 切れにくくなった時、どうされていますか? 筆者は断然シャープナー派 砥石は面倒かなと〜笑) 小学生の頃から料理をしている息子から数年前に「砥石が欲しい!」とリクエストがあり、購入してからは何度か研いでくれています 前回、包丁の木柄をメンテナンスしてキレイになったので、次は刃の部分をお手入れしようと包丁を研いでみました 切れ味が悪かった包丁はどこまで復活するのでしょうか? 【両刃包丁の研ぎ方】 ■使用した物 ・中研ぎ用砥石 #1000(キング砥石) ・仕上げ用砥石 #6000(キング砥石) ・面直し砥石       (ナニワ研磨工業) ※刃先以外の刃全体を磨く為にピカールネオを使用 ■研ぎ方 ①使用前に砥石を水に浸し充分水を含ませておく(砥石の種類によって浸水の必要がない物もあります) ②包丁の表を研ぐ(右手で包丁を握った時右側になる面) 砥石に対して斜め45度に刃が手前を向くように置き刃先の反対側に10円硬貨が2枚入るくらいの角度をつけ、刃の長さを3等分した根元→真ん中→刃の先端の順に20往復ずつ研ぎます 右手は柄を左手の中指と人差し指で研ぐ場所を押さえます まくれ(バリ)と呼ばれる刃先が削れ反対側にまくれ上がったものが全体に出たら裏側へ ③包丁の裏側を研ぐ(右手で包丁を握った時左側になる面) ↑表側と同要領で研ぎ まくれ(バリ)が出るまで研ぎます ④もう一度表に返して、根元→真ん中→刃の先端を1〜2往復ずつ研ぎ ⑤最後に研いだ角度で包丁を新聞をあて、なめすようにこすり、まくれがなくなれば研ぎは終了 ⑥研いだ砥石の面直しをして、水で洗いしっかり乾燥させてから保管します 【研ぐコツ】 ■研いでいくと研ぎ汁が出てきますが、研磨を滑らかにしてくれるので洗い流さずおきます 又砥石が乾いてきた際には水を少し足しましょう ■刃の先端には必ず反りがあるので、柄を持ち上げ砥石と密着させるようにします ■砥石全体を使って研ぐと砥石の凹みが少なく面直しが楽になります 【砥石の種類】 ※#(番手)はあくまで目安です ■荒砥石 大きく刃が欠けた際の修理に使用 #80〜220程度 ■中砥石 日々のお手入れに使用 #400〜#1500程度 ■仕上砥石 中砥石で研いだ後の細かなキズを消したり、さらに切れ味を良くする為に使用 #3000〜#6000程度 【まとめ】 研ぎは初心者にはハードルが高く慣れるまで時間がかかりそうですが、驚くほど切れるようになって感動しました 切っているのに切らされている感じ? 包丁の重みだけで切れているような不思議な感覚。。。 研いだ包丁の切れ味に息子からも褒められ、包丁研ぎにハマってしまいそうです◎ ********************** ご視聴頂きありがとうございます! 居心地良い住まい作りのご参考にして頂けるとうれしいです^ ^ いいねやフォローで 更新のパワー頂いています♪ ↓Peanut Village https://creators.yahoo.co.jp/peanutvillage ■BGM Hi-C/かずち

再生時間
00:03:01
配信期間
未定
タイトル情報
Peanut Village
賃貸住まいでも好みのインテリアに近づけたい!との思いから原状回復可能なDIYで2015年よりセルフリノベーションを始める。同年ブログやSNSにて情報発信開始。DIY・雑貨リメイク・オリジナル作品の製作。DIY記事執筆。雑誌掲載・WEB取材多数。