PECO TV 難病の子供たちを励まし続けたワンコ。日本初のファシリティドッグ、ベイリーの物語
再生

ブラウザーで視聴する

PECO TV 難病の子供たちを励まし続けたワンコ。日本初のファシリティドッグ、ベイリーの物語

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

PECO TV 難病の子供たちを励まし続けたワンコ。日本初のファシリティドッグ、ベイリーの物語

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
PECO TV 難病の子供たちを励まし続けたワンコ。日本初のファシリティドッグ、ベイリーの物語

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
PECO TV 難病の子供たちを励まし続けたワンコ。日本初のファシリティドッグ、ベイリーの物語

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
PECO TV 難病の子供たちを励まし続けたワンコ。日本初のファシリティドッグ、ベイリーの物語

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

PECO TV 難病の子供たちを励まし続けたワンコ。日本初のファシリティドッグ、ベイリーの物語

PECO TV 難病の子供たちを励まし続けたワンコ。日本初のファシリティドッグ、ベイリーの物語

NPO法人シャイン・オン!キッズ(YouTubeユーザー「ShineOnKids」/Instagramユーザー@facilitydogs_sok)のベイリーは、ファシリティドッグといって、病院などに常駐し、入院している子どもたちの不安やストレスを和らげてくれる医療スタッフの一員です。 ベイリーとペアになって働くハンドラーの森田さんは、臨床経験のある看護師で、患者さんの容体も常に確認しています。 2007年、オーストラリアで生まれたベイリーは、ハワイの専門的な施設でトレーニングを積み、2009年に日本にやってきました。初めは、なかなか受け入れてくれる病院が見つかりませんでしたが、静岡の病院が手を挙げてくれました。 その後、応援してくれる人も増え、後任のファシリティドッグもでき、静岡の病院はヨギにバトンタッチ!活動が評価されたベイリーは横浜の病院へ。そこでも、ベイリーは子どもたちを笑顔にしました。 そんなベイリーも高齢になったため、後任犬の育成が始まり、2018年10月、ベイリーは現役を引退しました。 延べ2万2600人もの子どもたちに寄り添い笑顔にしてきたベイリー。引退後も元気に過ごしていましたが、2020年10月、仲間たちに見守られお空に旅立ちました。 12歳9ヵ月、ベイリーが過ごした感動の軌跡をぜひご覧ください。

再生時間
00:08:43
配信期間
未定
タイトル情報
PECO TV
「ペットとの毎日がもっと楽しくなる」をテーマに、ペットとの “幸せな毎日” を動画でお届けします。