Onnela 縫わずにできるハンドメイドアイテム
再生

ブラウザーで視聴する

Onnela 縫わずにできるハンドメイドアイテム

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

Onnela 縫わずにできるハンドメイドアイテム

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
Onnela 縫わずにできるハンドメイドアイテム

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
Onnela 縫わずにできるハンドメイドアイテム

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
Onnela 縫わずにできるハンドメイドアイテム

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

Onnela 縫わずにできるハンドメイドアイテム

Onnela 縫わずにできるハンドメイドアイテム

こんばんは!Onnela編集部のチャです^_^ 「これ、縫わずにつくれるの?」 今日はほっこりクッションカバーやシートクッション、 着れなくなったTシャツを使ったリメイクまで 縫わずにできるハンドメイドをご紹介します:) 作り方をさっそくチェック 【クッションカバーの作り方】 1.フリース生地を2色用意して重ねる ※フェルト生地など切ってもほつれない布なら何でもOK 2.クッションより大きめにカットする(今回はクッション45×45cm・フリース50×50cmのものを使いました) 3.角を正方形に切る(今回は5×5cmの正方形にしました) 4.4辺に同じ幅で切れ込みを入れる(今回は2.5cm幅です) 5.4で作ったヒラヒラの中心に切れ込みを入れる 6.ゼムクリップを使って編む 7.3辺編み終わったらクッションを入れて同じように編む 8.最後は結んで編み目に入れ込んで完成! 【Tシャツヤーンで作るアクセサリー】 1.着れなくなったTシャツを用意する 2.裾を切り取る 3.脇より下の部分を完全に切り離さないように約5cmで切れ目を入れていく 4.切れ込みの上の部分に斜めに切れ込みを入れ、1枚続きの布にする 5.布を引き伸ばし、1本の糸にする 6.均等に3本に切り分ける 7.3本を合わせて、上から4分の1程度のところで結ぶ 8.三つ編みをしていき、残り4分の1程度のところで再度結ぶ 9.真ん中に丸カンを付け、チャームを通し、丸カンを閉じる 10.結び目の外側を2本ずつ切り取る 11.腕に合わせて結んだら完成! 【シートクッションの作り方】 1.作りたいシートクッションのサイズにあわせて、スチレンボードを丸くカット 2.カットしたスチレンボードに大体同じくらいの間隔になるように1~2cmの切り込みを入れる ※必ず切り込みの数は奇数になるようにしてください 3.毛糸を切り込みの1箇所に挟んだら、その切り込みの反対側の位置にある切り込みにはさみ裏返す 4.一つ隣の切り込みにずらして再度切り込みに挟んだらオモテ面に戻り、反対側の位置にある切り込みに挟む 5.これを繰り返し、放射状になるように切り込み1周分毛糸を通したら、毛糸の端を結ぶ 6.放射状の毛糸の中央あたりをつまみ、別の毛糸を縛り付ける 7.縛り付けた毛糸を、放射状の毛糸に1本飛ばしでくぐらせる ※毛糸の種類を変える時は、毛糸同士を解けないよう結びつけてまたくぐらせれば大丈夫です 8.スチレンボードの端までくぐらせ終えたら、毛糸を結び、スチレンボードから軸糸(放射状に張った糸)を外す 9.軸糸をカットし、結んだら、余分な部分の毛糸を切って処理して完成! \暮らしのアイデアを紹介する国内最大級の動画メディア/ Onnelaは『家事や収納が楽しくなるアイデア』を動画や写真でお届け! SNSやウェブサイトでは、『家事や収納が楽しくなるアイデア』を、動画や記事でご紹介しております! ▼Onnela インスタグラムアカウント https://www.instagram.com/onnela.tv/?hl=ja ▼Onnela Facebookアカウント https://www.facebook.com/onnela.tv/

再生時間
00:02:47
配信期間
未定
タイトル情報
Onnela
「Onnela(オンネラ)」とは、フィンランド語で、“しあわせの棲むところ”という意味です。 私たちは、「おうちのなかを、もっとしあわせに。」をコンセプトに、 ムリなくできる暮らしのアイデア、家事や収納テクなどを、分かりやすい動画でお届けしています。