Nulbarich 「Sweet and Sour」
再生

ブラウザーで視聴する

Nulbarich 「Sweet and Sour」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

Nulbarich 「Sweet and Sour」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
Nulbarich 「Sweet and Sour」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
Nulbarich 「Sweet and Sour」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
Nulbarich 「Sweet and Sour」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

Nulbarich 「Sweet and Sour」

Nulbarich 「Sweet and Sour」

「デザイナー 渋井直人の休日」のエンディングテーマとして起用されていた「Sweet and Sour」は、Nulbarichが2月6日にリリースした4枚目のフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲。監督は、Nulbarichの作品ではお馴染みのイギリス在住の映像作家の木村太一が手がけたもので、「偶然の景色」がテーマのグラフィックベースの作品に仕上がっている。

再生時間
00:03:45
配信期間
未定
タイトル情報
Nulbarich
シンガー・ソングライターのJQが (Vo.) がトータルプロデュースするNulbarich。 2016年10月、1st ALBUM「Guess Who?」リリース。 その後わずか2年で武道館ライブを達成。即ソールドアウト。 日本はもとより中国、韓国、台湾など国内外のフェスは既に50ステージを超えた。 生演奏、またそれらをサンプリングし組み上げるという、 ビートメーカー出身のJQらしいスタイルから生まれるグルーヴィーな音は、 バイリンガルなボーカルと溶け合い、 エモーショナルでポップなオリジナルサウンドへと昇華する。 「Null(何もない)」けど「Rich(満たされている)」。 バンド名にも、そんなアンビバレントなスタイルへのJQの想いが込められている。