Masafumi Rio Oda「Hell of Light」
再生

ブラウザーで視聴する

Masafumi Rio Oda「Hell of Light」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

Masafumi Rio Oda「Hell of Light」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
Masafumi Rio Oda「Hell of Light」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
Masafumi Rio Oda「Hell of Light」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
Masafumi Rio Oda「Hell of Light」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

Masafumi Rio Oda「Hell of Light」

Masafumi Rio Oda「Hell of Light」

米、ドイツ、イギリス、イタリア、アルゼンチン、タイ、中国、ニューヨーク、日本などの各国の芸術祭で作品が認められた気鋭の作曲家・マルチメディアアーティスト・哲学者による、映像作品。 タイ・ニューミュージック&アートシンポジウム2020入選作品、期間中Bangkok Art and Culture Centre (BACC)にて展示。 「光」という概念がもつ「暴力性」に焦点を当てた、光の様々な表現と美しい音響が国内外で評価された。

再生時間
00:09:59
配信期間
未定
タイトル情報
Masafumi Rio Oda
上智大学大学院哲学研究科にてドゥルーズについての修士論文で修士号取得。河合孝治氏プロデュース兼メンバーの音楽ユニット「空観無為」にて電子音響を担当。ワシントン州立大学主催電子音楽祭2019にて映像作品「Nostalgia Mass」入選。同年ドイツeviMus主催の電子音楽祭にて5.0chサラウンド電子音楽作品「Fragile Water」入選。タイ・ニューミュージック&アートシンポジウム2020にて映像作品「Hell of Light」入選、期間中Bangkok Art and Culture Centre (BACC)にて展示。同年、電子音楽作品「Laugh In Void II」がイギリスの現代音楽レーベルNOUS RECORDSの第一回コンペティションに選ばれ、リリースされる。同年、映像作品「Festival of Things-in-Themselves Ⅱ」および「Festival of Things-in-Themselves Ⅲ」がイタリアのTaukay Edizioni Musicaliコンペティションでファイナリストに選出される。The New York City Electroacoustic Music Festival 2021にて映像作品「the vulgar and the holy 」入選。トリエンナーレCHIKUGO 2020「デジタルアート作品公募展」、およびInternational Computer Music Conference 2021(チリ)にて映像作品「the vulgar and the holy Ⅲ」入選。その他、アルゼンチン、タイ、中国、ニューヨーク、日本などの各国の芸術祭に参加、作品入選多数。「東京国際思想・芸術クロス」代表。米国作曲家作詞家出版者協会(ASCAP)会員。