MAMADAYS - ママデイズ - 夏のスキンケア 子どもの虫よけ(形成外科医監修)
再生

ブラウザーで視聴する

MAMADAYS - ママデイズ - 夏のスキンケア 子どもの虫よけ(形成外科医監修)

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

MAMADAYS - ママデイズ - 夏のスキンケア 子どもの虫よけ(形成外科医監修)

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
MAMADAYS - ママデイズ - 夏のスキンケア 子どもの虫よけ(形成外科医監修)

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
MAMADAYS - ママデイズ - 夏のスキンケア 子どもの虫よけ(形成外科医監修)

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
MAMADAYS - ママデイズ - 夏のスキンケア 子どもの虫よけ(形成外科医監修)

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

MAMADAYS - ママデイズ - 夏のスキンケア 子どもの虫よけ(形成外科医監修)

MAMADAYS - ママデイズ - 夏のスキンケア 子どもの虫よけ(形成外科医監修)

皮膚が弱い子どもの虫よけはどうしたらいいのでしょう?また、さされてしまったら? 今回はてしまクリニック形成外科・皮膚科院長で形成外科専門医である手島玲子先生に 正しい子どもの虫よけについてお聞きしました。 【夏のスキンケア 子どもの虫よけ(形成外科医監修)】 ■虫よけの方法 ・1番良いのは露出を控えること ・虫よけスプレーも効果的 ■虫よけ選びの注意点 赤ちゃんの虫よけを選ぶとき、特に注意すべきなのが「有効成分」。 ・イカリジン:年齢による使用制限がない。生地を傷めないので、服の上から使うことができる。 ・ディート:使用年齢に制限があり生後6ヶ月未満は使用できない。※どちらも使用上の注意をよく読み、使用回数などを守りましょう。 ■虫にさされたら 掻かないほうが早く治ります。 ・痒みを和らげるため保冷剤などで冷やす。 ・掻きづらいので虫よけシールはる。 ・病院で薬を処方してもらう。 ■掻きすぎてしまったら 傷口につかないシートなどで保護。 監修: てしまクリニック形成外科・皮膚科院長/形成外科専門医 手島 玲子先

再生時間
00:00:56
配信期間
未定
タイトル情報
MAMADAYS - ママデイズ -
離乳食作りから、育児のヒント、家事の知恵、DIY、ヘルスケア、ファッションまで、ママのためのお役立ち情報を動画で毎日配信しています。
GYAO! 広告

映像一覧