Lagos Tokyo Project「Kilogbo: What did you hear?」
再生

ブラウザーで視聴する

Lagos Tokyo Project「Kilogbo: What did you hear?」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

Lagos Tokyo Project「Kilogbo: What did you hear?」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
Lagos Tokyo Project「Kilogbo: What did you hear?」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
Lagos Tokyo Project「Kilogbo: What did you hear?」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
Lagos Tokyo Project「Kilogbo: What did you hear?」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

Lagos Tokyo Project「Kilogbo: What did you hear?」

Lagos Tokyo Project「Kilogbo: What did you hear?」

[Lagos - Tokyo Project] 危機をチャンスに。このプロジェクトは普段なら一緒に演奏することのないミュージシャン同士が手を取り合って、世界の反対側同士で新しい音楽を作るコンセプト。当プロジェクトの第1作目となるのがこの楽曲「Kilogbo: What did you hear?」だ。 この呼びかけは、伝説的なアフロビートグループ「SEUN KUTI & EGYPT80」のバンドメンバーでもあるサックス奏者のアデ(ナイジェリア・ラゴス)とアフロビートが大好きなドラマーで東京のミュージックバーの店主でもあるユウキ(日本・東京)の2人で始めました。 彼らの友情と音楽の関係は、2020年のコロナの大流行の時に始まりました。 2021年4月現在の今なお世界中の誰にとっても危機的な状況であり、乗り越えるためには、お互いの知見を持ち寄ることが大切だと考えています。 今現在、世界中の音楽会場、クラブ、バーが営業停止に追い込まれていたり、ミュージシャンも自由に演奏活動ができなくなっておよそ1年が経ちました。 この問題は私達の地域に留まらず世界中に影響を及ぼしていることであると、本プロジェクトを進めていくうちに改めて感じたところでもあります。 国・政治・宗教・人種・民族さえも越えて、お互いを思いやり、お互いをつなげる。その一端を担うべくして立ち上げたプロジェクトの第1曲目です。 Sax & Vo: Adebowale Osunnibu (Lagos) Vo: Life-Like (Tokyo) Gt: Tetsuta Otachi (Tokyo) Ba: Ichiro Horie (Tokyo) Dr: Yuki Ito (Tokyo) 録音は東京とラゴス各地で完全なリモート録音の基行われました。 Edit / Programming at Music Island O, Shimokitazawa, Tokyo

再生時間
00:04:25
配信期間
未定
タイトル情報
Lagos Tokyo Project
Lagos to Tokyo, Japan to Nigeria, Musicianship associations.
GYAO! 広告

映像一覧