LADY~最後の犯罪プロファイル~ Episode8 死の映画予告プロファイル 2011年2月25日放送分
再生

ブラウザーで視聴する

LADY~最後の犯罪プロファイル~ Episode8 死の映画予告プロファイル 2011年2月25日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

LADY~最後の犯罪プロファイル~ Episode8 死の映画予告プロファイル 2011年2月25日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
LADY~最後の犯罪プロファイル~ Episode8 死の映画予告プロファイル 2011年2月25日放送分

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
LADY~最後の犯罪プロファイル~ Episode8 死の映画予告プロファイル 2011年2月25日放送分

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
LADY~最後の犯罪プロファイル~ Episode8 死の映画予告プロファイル 2011年2月25日放送分

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

LADY~最後の犯罪プロファイル~ Episode8 死の映画予告プロファイル 2011年2月25日放送分

LADY~最後の犯罪プロファイル~ Episode8 死の映画予告プロファイル 2011年2月25日放送分

まで

翔子(北川景子)は、ある所轄署から自主映画祭に届いたDVD映像の分析を依頼される。それは、林の中を逃げ惑っている3人の女性の映像だった。新堀(平岡祐太)と共にDVDを見た翔子はすぐに映像が本物だと判断、本格的な分析に取り掛かる。 マリエ(須藤理彩)の調べで、映像に映っていた3人のうち2人は1年前に遺体が発見され、すぐに犯人が逮捕されていたことが判明。だが残りの1人は先月に捜索願が出されていた。3人とも同一犯による犯行ではないかと考えた翔子たちは、すでに逮捕されている被疑者とは別に真犯人がいると判断。結城(木村多江)は当時の捜査官に再捜査を依頼するが、却下されてしまう。自分たちが遺体を見つければ再捜査されると考えたCPSの面々は、3人目の女性の遺体の発見に成功。しかし、捜査本部ではCPSの分析した連続殺人事件としてではなく、今回発見された被害者に対してのみ捜査するようにとの指示が。自分たちで解決するしかないと犯人について分析する翔子たちだったが、被害者の共通した特徴にマリエが当てはまっていることが分かり・・・。

キャスト
楽曲:主題歌「無形スピリット」柴咲コウ(NAYUTAWAVE),音楽:河野 伸,音楽:羽岡 佳,音楽:ナカムラヒロシ(i-dep),出演:北川景子,出演:木村多江,出演:平岡祐太,出演:細田よしひこ(現・細田善彦),出演:岡本杏里,出演:吉家章人,出演:青柳 翔(劇団EXILE),出演:坂本充広,出演:小澤征悦,出演:須藤理彩,出演:要 潤,出演:ユースケ・サンタマリア
再生時間
00:46:24
配信期間
タイトル情報
LADY~最後の犯罪プロファイル~
北川景子主演、木村多江、ユースケ・サンタマリア、平岡祐太、要 潤ら個性豊かな俳優陣が共演!凶悪犯罪の謎に挑む凄腕プロファイラーたちを描くヒューマン・サスペンス!
手掛かりナシ・動機不明の難事件において、犯罪者の行動や心理を分析し、犯人像を推定する"犯罪プロファイリング"。本作は警視庁に新設された"CPS:犯罪行動分析室"で活躍する凄腕プロファイラーたちの奮闘を描くヒューマン・サスペンスである。 FBIで犯罪プロファイリングを学び、CPSにスカウトされた主人公・香月翔子を演じるのは北川景子。彼女が演じる新人プロファイラーが様々な事件を通して成長していく姿と共に、犯罪の裏に潜む"社会の闇"を浮き彫りにしていく。共演には、木村多江、ユースケ・サンタマリア、平岡祐太、要 潤らが個性豊かなキャラクターとして登場する。

次の映像

広告

映像一覧