GeG「LIFE IS GOOD (feat. VIGORMAN, Hiplin, SNEEEZE & Rin音)」
再生

ブラウザーで視聴する

GeG「LIFE IS GOOD (feat. VIGORMAN, Hiplin, SNEEEZE & Rin音)」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

GeG「LIFE IS GOOD (feat. VIGORMAN, Hiplin, SNEEEZE & Rin音)」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
GeG「LIFE IS GOOD (feat. VIGORMAN, Hiplin, SNEEEZE & Rin音)」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
GeG「LIFE IS GOOD (feat. VIGORMAN, Hiplin, SNEEEZE & Rin音)」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
GeG「LIFE IS GOOD (feat. VIGORMAN, Hiplin, SNEEEZE & Rin音)」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

GeG「LIFE IS GOOD (feat. VIGORMAN, Hiplin, SNEEEZE & Rin音)」

GeG「LIFE IS GOOD (feat. VIGORMAN, Hiplin, SNEEEZE & Rin音)」

圧倒的透明感!!今話題の表現力多彩な18歳の注目モデル、莉子が熱演! GeG(変態紳士クラブ)プロデュースによる新曲『LIFE IS GOOD』MVが公開! オモチャ箱をひっくり返した様な自由気ままなマイクリレーソングの完成! Hiplin、VIGORMAN、Rin音、SNEEEZEといった次世代音楽シーンを牽引する人気シンガー&ラッパーをフィーチャリングに迎え、オモチャ箱を引っくり返した様なワクワクするサウンドが心を躍らせる。 軽やかなスウィング・ビートにのせたスティール・ギターとピアノのアンサンブルが心地よく、そんなサウンドにラップとメロディ-が見事に共存する ”GeGサウンド”の決定版ともいえるべき極上マイクリレーソングの完成だ! “一期一会、人生一回きり、悩んでばかりいないでたまには息を抜いて” など一人の人間として生きる人生の意味を改めて考えさせるメッセージはリスナーに明日への活力を与える。 毎度GeGプロデュース作品のMV主演女優の豪華さが毎回話題になっているが今作、満を持してSNSの総フォロワー数約250万人、世代を超えてカリスマ的な人気を誇る莉子(りこ)を起用。 圧倒的な透明感と昨今の人気ドラマ主演で培われた表現力多彩な抜群の演技でMVに華を添えている。 そんな若者達のカリスマによる共演MVはファンならずとも全ての音楽ファンを笑顔にしてくれるだろう! そんなGeG、VIGORMANは変態紳士クラブとして8月5日大阪城ホールの単独公演を控え今、飛ぶ鳥落とす勢いでシーンを席巻する2021年期待の次世代アーティスト。

再生時間
00:05:40
配信期間
未定
タイトル情報
GeG
GeGプロフィール 関⻄出身の音楽プロデューサー / トラックメイカー。中学卒業後、キーボードを始め音楽の世界へ足を踏み込む。岩井ロングセラー師の元で2年間の修行を積み、 そこからは空遥 / odd shop / ANADDA REBEL/YARD VIBESなど数々のバンドマン時代を経て、25 歳のLA&JAMAICAへの旅をキッカケに音楽プロ デューサーを志すことになる。プロデューサー・タグとも言える『GeG is Mellow』というワードのとおり、メローな楽曲を得意とし、強力なミュージシャンネットワークを 武器に変態紳士クラブの一員としても活動中。そんなGeGだが2017年オール・プロデュース作、第一弾となる変態紳士クラブ「ZIP ROCK STAR」をリリース。 彼らの代表曲となった「すきにやる」のヒットをきっかけに現在も進行中のロング・セラーとなり、総ストリーミング数は3,000万回再生を超えるスマッシュ・ヒットを記録。 そして2019年には、オール・プロデュース作、第2弾となる"GeGが愛すべき仲間達と奏でたメロウな楽曲のみをコンパイルした"プレイリスト・アルバム"「Mellow Mellow~GeGʼs PLAYLIST~」をリリース。アルバムとしてはApple Music ヒップホップチャート1位、同サイトの総合チャートでも2位を獲得。 収録曲の「Merry Go Round」は総ストーリミング数1,500万再生を超えるなど、令和元年を代表する一曲となる。そして、2020年3月にはGeG名義としての 第2弾シングルとなる「I Gotta Go」をリリース。令和時代の春を彩る定番曲となるであろうその楽曲は、TikTokでの動画投稿数が28,000件を超えるなど、さらに広いファン層を獲得に成功。 同年4月には、オール・プロデュース作、第3弾となる変態紳士クラブの2nd EP「HERO」をリリース。iTunes StoreではJ-Popチャートで第1位、総合チャートで2位を記録。中でも収録曲の”YOKAZE"は現時点で総ストリーミング数2,000万回を超えるヒット曲となっている。