EIKI 映像クリエイターとして、水中撮影の醍醐味とは?
再生

ブラウザーで視聴する

EIKI 映像クリエイターとして、水中撮影の醍醐味とは?

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

EIKI 映像クリエイターとして、水中撮影の醍醐味とは?

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
EIKI 映像クリエイターとして、水中撮影の醍醐味とは?

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
EIKI 映像クリエイターとして、水中撮影の醍醐味とは?

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
EIKI 映像クリエイターとして、水中撮影の醍醐味とは?

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

EIKI 映像クリエイターとして、水中撮影の醍醐味とは?

EIKI 映像クリエイターとして、水中撮影の醍醐味とは?

今回は水中撮影についての動画です! 水中撮影とは、その名の通り水の中で撮ることですが、想像以上に過酷なものです。 波、体温、水の流れ、海の生き物、体力、これら全てとの戦い。これらの要素とプラスアルファで、構図やアングルを決めないといけないので、相当厳しいのが伝わるかと思います。 僕は以前、水中撮影をかなり軽視していました。アングルや構図は頭の中でシュミレーションして行きましたが、実際に海に入ると思う通りに動けません。 片手はカメラで塞がれ、水の流れは日によって変わるんので、経験値が高くない人は何もできないのが現実です。 例え体力があったとしても、波の動きを読むにはさらに経験が必要なので、思う通りには行きません。 そんな水中撮影を経験し、僕は少し挫折を痛感したが、それと同時に大切なことも学びました。 それは、小さなチャンスをものにすることです。 海の中にいると息も荒れ、潜れる時間が20秒ほどしかありません。 そんな短い時間の中、いい瞬間を撮れるか撮れないかで全てが決まります。 環境を観察し、タイミングを見計って潜り、その瞬間を待って狙う。 これの繰り返しですが、潜っている間はそれ以外のことは一切考えないくらい集中。 失敗したら、呼吸を整えて、また撮りに行く。その結果、実際にいいものが撮れた時は、この上なく幸せです。 水の中にカメラを持っていくことはほとんど無いと思いますが、何気なく撮るだけでも新鮮な体験です。その上、ジンベエザメなどを目の当たりにした時は、心がときめきます。まるで映画のセットにいるような異空間を体験できるので、クリエイターの方々にはぜひ体験してもらいたいです。 BGM ill-understand roza

再生時間
00:01:02
配信期間
未定
タイトル情報
EIKI
日本で生まれ、人生の半分を海外で過ごす。日本の素晴らしさを。海外の素晴らしさを。見た人の心に響くような映像を。