EIKI 五感を駆使した現代の体験アート、チームラボに行ってきました!
再生

ブラウザーで視聴する

EIKI 五感を駆使した現代の体験アート、チームラボに行ってきました!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

EIKI 五感を駆使した現代の体験アート、チームラボに行ってきました!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
EIKI 五感を駆使した現代の体験アート、チームラボに行ってきました!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
EIKI 五感を駆使した現代の体験アート、チームラボに行ってきました!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
EIKI 五感を駆使した現代の体験アート、チームラボに行ってきました!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

EIKI 五感を駆使した現代の体験アート、チームラボに行ってきました!

EIKI 五感を駆使した現代の体験アート、チームラボに行ってきました!

2、3年目から東京の観光名所に加わったチームラボ。 場所はお台場付近にあり、豊洲の方にも、もう一つチームラボのエンターテインメントルームがあるみたいです。 電車でのアクセスは快適で、子供から大人まで、誰でも楽しめるアトラクションになっています。 今や海外からのクリエイターから人気ということもあり、僕も一年に何回かリピートしています。 チームラボの一番の見所は、やはりアートを体験できるということです。 聴覚、視覚、いろいろな観点からアートを楽しめるので、普通のアートに比べて感じ取れるものが多いのかもしれません。 暗い部屋の中、映像と音に魅了されながら、様々なテーマの部屋を回ることができ、いろんな表現に触れることができます。 今回撮影してみて、チームラボがクリエイターから人気な理由に気づいた気もします。 提灯の部屋や、ライトの部屋、どれも綺麗で映像に向いているのは確かですが、どれもいろいろな感情を象徴しているなと感じます。 なので、そういう要素理解した上で撮影すると、映像の表現に繋がるなと実感しました。 そのほかにもチームラボはすごいデザイナーが建築の担当をしたと思うので、映像や写真にむいている構造なのかもしれません。リフレクションや奥行き、どれも写真には使われているテクニックです。 そういったものが建築物で表現されているので、撮る側もかなりアートを実感しながら撮影できるので、一味違った楽しめ方があるのかもしれません。 機会がある方は、ぜひ行ってみてください! 【アクセス】 〒135-0064 東京都江東区青海1丁目3−8 お台場パレットタウン BGM goodbye_by_liquify

再生時間
00:00:55
配信期間
未定
タイトル情報
EIKI
日本で生まれ、人生の半分を海外で過ごす。日本の素晴らしさを。海外の素晴らしさを。見た人の心に響くような映像を。