DJI発の遊びにも学びにもこだわった、大人が欲しくなる教育用ロボット「RoboMaster S1」爆誕! 
再生

ブラウザーで視聴する

DJI発の遊びにも学びにもこだわった、大人が欲しくなる教育用ロボット「RoboMaster S1」爆誕! 

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

DJI発の遊びにも学びにもこだわった、大人が欲しくなる教育用ロボット「RoboMaster S1」爆誕! 

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
DJI発の遊びにも学びにもこだわった、大人が欲しくなる教育用ロボット「RoboMaster S1」爆誕! 

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
DJI発の遊びにも学びにもこだわった、大人が欲しくなる教育用ロボット「RoboMaster S1」爆誕! 

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
DJI発の遊びにも学びにもこだわった、大人が欲しくなる教育用ロボット「RoboMaster S1」爆誕! 

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

DJI発の遊びにも学びにもこだわった、大人が欲しくなる教育用ロボット「RoboMaster S1」爆誕! 

DJI発の遊びにも学びにもこだわった、大人が欲しくなる教育用ロボット「RoboMaster S1」爆誕! 

ドローンを使った本格的な空撮を普及させた企業「DJI」が、新たに発表した製品がまさかの教育用ロボットだ。製品名は「RoboMaster S1」で、遊びと学びを本気で取り組めて、子供にというより大人が欲しくなるような製品だ。 「RoboMaster S1」は、公式サイトより64,800円から入手可能。 どんなことが学べるの? 「RoboMaster S1」は、開発言語のScratchとPythonを学べる教育用ロボット。スマホやタブレットから操作し、書き方も直感的でわかりやすい仕様となっている。 ロボット本体は46個の部品を組み合わせて作るモジュラー式。重さは約3.3kgと、このサイズにしてはずっしりとした重量感や高級感があり、しっかり学び尽くせそうだ。 このロボットのスゴさとは? 「RoboMaster S1」はここまでの記事を見ていると、あんまり従来のモノと変わらないと思っただろう。しかし、この製品は遊びの面がかなりすごい。 基本操作は全てスマホで、搭載されたフルHD対応のカメラで、鮮明に一人称視点から操縦が可能。AI技術も搭載されており、人の顔を認識して追跡したり、数字や文字など44種類のビジョンマーカーを認識したりとカメラの機能が充実している。また、独自のプログラムなどを駆使すると、なんとあの自動運転システムも作れるようだ。 さらに、ゲームモードではレースやバトルが可能。レースでは、先ほど説明したビジョンマーカーを通ると加速したり、相手を妨害するような特殊スキルをプログラミングで搭載できる。まるで現実版のマリオカートを楽しむ事が可能なのだ。 ・ ・ ・ プログラミングの可能性を、遊びながら教えてくれる教育用ロボット「RoboMaster S1」。創造力を膨らませて、自分だけのマシンを作り上げてみては? RoboMaster S1 DJI

再生時間
00:01:00
配信期間
未定
タイトル情報
bouncy / バウンシー
「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。
GYAO! 広告

映像一覧