COCOCOROチャンネル 家で作るラーメン二郎の決め手はレンジと硬水でした。【飯テロ】【ニンニク入れますか?】
再生

ブラウザーで視聴する

COCOCOROチャンネル 家で作るラーメン二郎の決め手はレンジと硬水でした。【飯テロ】【ニンニク入れますか?】

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

COCOCOROチャンネル 家で作るラーメン二郎の決め手はレンジと硬水でした。【飯テロ】【ニンニク入れますか?】

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
COCOCOROチャンネル 家で作るラーメン二郎の決め手はレンジと硬水でした。【飯テロ】【ニンニク入れますか?】

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
COCOCOROチャンネル 家で作るラーメン二郎の決め手はレンジと硬水でした。【飯テロ】【ニンニク入れますか?】

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
COCOCOROチャンネル 家で作るラーメン二郎の決め手はレンジと硬水でした。【飯テロ】【ニンニク入れますか?】

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

COCOCOROチャンネル 家で作るラーメン二郎の決め手はレンジと硬水でした。【飯テロ】【ニンニク入れますか?】

COCOCOROチャンネル 家で作るラーメン二郎の決め手はレンジと硬水でした。【飯テロ】【ニンニク入れますか?】

あの味が自宅で簡単に!電子レンジで作る「二郎ラーメン」をご紹介します! ◆材料 お水(硬度200-300)  生パスタ(リングイネがオススメ。中華麺でもOK) 豚バラ肉 500g スペアリブ 200g 醤油 200cc みりん 70cc 酒 50cc 塩・うま味調味料 適量 ネギの青い部分 1本分 ニンニク 2玉 生姜 スライス2枚 もやし 適量 キャベツ 適量 ▼下準備 豚バラ肉は脂・赤身・脂のように三層になっており「三枚肉」とも呼ばれています。 豚バラブロックから脂身部分を切り取ります。この脂身は仕上げ用にかけるアブラとして使用します。 残った豚バラ肉は巻いてタコ糸で縛ります。 ▼煮込みは電子レンジで 耐熱ボウルにアブラ、豚バラブロック、ネギ、生姜、ニンニク1片、キャベツの芯を入れて、キャベツの葉でボウルにフタをします。 ボウルに食材が浸るくらいの水を入れます。 ここで使用するお水は硬度200-300の硬水を使いましょう。 硬水を使用することでお肉が柔らかくなり、野菜と豚のうま味が煮汁に溶け出します。 水を入れたら、一度鍋に移して沸騰させます。 沸騰したら再びボウルに戻し、ラップをかけて電子レンジの200Wで1時間加熱します。 この時、完全にボウルを覆わないように隙間を開けてラップをかけましょう。 完全に覆ってしまうと蒸気で爆発の恐れがあるので注意してください。 ▼タレ・かえし チャーシューのタレ兼ラーメンのかえしを作ります。 醤油、酒、みりんを鍋に入れて、火にかけます。 アルコールが飛んだらタレの完成です。 ラーメンに盛り付ける野菜もこのタイミングで切っておきましょう。 今回はキャベツをざく切りで、もやしはそのまま使用しています。 お好みでかけるニンニクはみじん切りにしましょう。 ▼チャーシュー 電子レンジの加熱が終わったらボウルから取り出し、フリーザーバッグにチャーシューとタレを入れて空気を抜きます。 この状態で冷蔵庫で2〜3時間ほど寝かせます。 ▼アブラは作れる ボウルから脂身を取り出して、泡立て器等を使って崩します。 すると二郎でよく見るあのアブラになります! ▼ラーメンスープ タレ1に対して煮汁4〜5で割り、塩とうま味調味料で味を整えます。 (タレの濃さはお好みの味に合わせて調整してください) ▼仕上げ 麺を茹でます。キャベツ・もやしも30秒〜1分ほど茹でましょう。 丼にスープを入れ、麺、野菜、チャーシュー、アブラ、ニンニクを盛り付ければ完成です! 硬水と電子レンジで二郎系ラーメンを簡単に!ぜひお試しください! これからもお料理の『ひと手間で抜群に効果を発揮するコツ』 をご紹介していきますので、是非フォロー・いいねお願いします!

再生時間
00:01:01
配信期間
未定
タイトル情報
COCOCOROチャンネル
東京都調布市の“料理うまいBar COCOCORO”より、クッキングエンターテイナー大西哲也が、家庭でも実践出来る料理のコツをお届けします。ちょっとしたポイントを抑えれば今日のご飯がグッと美味しくお店の味に!料理は温度、料理は科学。そして大いなる自由と余裕を持って、一緒にお料理を楽しみましょう!和食・洋食・中華にタイ料理、ジャンルにとらわれず様々な料理の知識と技術で、あなたの食卓を豊かにすることをお約束します。