BuzzFeed Japan 車イスの方の気持ちを疑似体験できる場所「バリアフルレストラン」に行ってきました
再生

ブラウザーで視聴する

BuzzFeed Japan 車イスの方の気持ちを疑似体験できる場所「バリアフルレストラン」に行ってきました

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

BuzzFeed Japan 車イスの方の気持ちを疑似体験できる場所「バリアフルレストラン」に行ってきました

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
BuzzFeed Japan 車イスの方の気持ちを疑似体験できる場所「バリアフルレストラン」に行ってきました

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
BuzzFeed Japan 車イスの方の気持ちを疑似体験できる場所「バリアフルレストラン」に行ってきました

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
BuzzFeed Japan 車イスの方の気持ちを疑似体験できる場所「バリアフルレストラン」に行ってきました

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

BuzzFeed Japan 車イスの方の気持ちを疑似体験できる場所「バリアフルレストラン」に行ってきました

BuzzFeed Japan 車イスの方の気持ちを疑似体験できる場所「バリアフルレストラン」に行ってきました

車イスの、車イスによる、車イスのためのレストラン 「バリアフルレストラン」に行ってきました。 このバリアフルレストランは、車イスユーザーが少数派として感じている日常の体験を、仮想世界「車イスユーザー が多数派の社会」を通して、車イスユーザーではない人たち(二足歩行者)に体験してもらう試みで行われています。 このレストランでは、車イスユーザーは快適に過ごすことができますが、二足歩行の方は不便になるように作られています。 例えば、天井が歩きづらいように低く作られていたり、料理は低く取りづらい位置に置かれていたり、食事をする場所には椅子が置かれていなかったりします。中には、車イスユーザーの方が生活の中で言われることが多い「優しくしないといいレストランだと思われない」「一気に来て欲しくない」などの心無い言葉を聞く場面もあり ます。 そして、店内で流れているテレビでは、二足歩行の方を障がいのある人々とするニュースが流れています。 また、低い天井で頭が当たらないようにと親切心でヘルメットが置いてあります。しかし、この世界を体験すると、今の社会が偏っているということが感じることができます。 バリアフルレストランは「本当の共生社会」とは何かを思考させる空間でした。 2020年秋に一般公開を予定しています。

再生時間
00:01:13
配信期間
未定
タイトル情報
BuzzFeed Japan
日々のニュースからエンターテイメント、お役立ち情報まで、幅広い情報を発信。
GYAO! 広告

映像一覧