BuzzFeed Japan ハンバーガーを食べて、飢餓で苦しむ子どもを救う。チャリティーに貢献するイギリスのバーガー店
再生

ブラウザーで視聴する

BuzzFeed Japan ハンバーガーを食べて、飢餓で苦しむ子どもを救う。チャリティーに貢献するイギリスのバーガー店

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

BuzzFeed Japan ハンバーガーを食べて、飢餓で苦しむ子どもを救う。チャリティーに貢献するイギリスのバーガー店

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
BuzzFeed Japan ハンバーガーを食べて、飢餓で苦しむ子どもを救う。チャリティーに貢献するイギリスのバーガー店

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
BuzzFeed Japan ハンバーガーを食べて、飢餓で苦しむ子どもを救う。チャリティーに貢献するイギリスのバーガー店

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
BuzzFeed Japan ハンバーガーを食べて、飢餓で苦しむ子どもを救う。チャリティーに貢献するイギリスのバーガー店

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

BuzzFeed Japan ハンバーガーを食べて、飢餓で苦しむ子どもを救う。チャリティーに貢献するイギリスのバーガー店

BuzzFeed Japan ハンバーガーを食べて、飢餓で苦しむ子どもを救う。チャリティーに貢献するイギリスのバーガー店

世界には栄養失調に苦しむ子どもたちがまだまだたくさんいます。そんな子どもたちを救おうとしているビジネスがイギリス・ポーツマスにある「 Need Street Food 」。 「Need Street Food」の創始者であるPete Huntさんは、世界の飢餓問題について知った時、何か自分にできることはないかと考え、ストリートフードのビジネスを始めたそう。 「Need Street Food」は、売り上げの10%をチャリティーパートナーである「Plump 'd」に寄付しています。「Plump 'd」はイギリスのチャリティー団体で、飢餓・栄養失調に苦しむ子供たちに、「Plumpy’Nut」という商品を送っています。「Plumpy’Nut」には糖質・脂質・タンパク質などの必要な栄養素に加え、ビタミンやミネラルなども含まれており、子どもの栄養失調を補う働きをしてくれます。 「Need Street Food」は「Plump’d」と協力し、すでに約12万個のパッケージを世界中に送ることに成功したそうです。その中で、シリアにパッケージを送った際、深刻な栄養失調に苦しむ女の子が、このパッケージを通して、2.5kg体重を増やすことができ、さらに3ヶ月の間に健康的な体重にまでなったと、報告を受けたとのこと。そこでPeteさんは初めて、これが本当に誰かのためになっているんだと、実感できたそうです。 そんなPeteさんのお店のイチオシのメニューは「フレンチディップ」。24時間真空調理した牛肉をスライスして、そこに自家製マスタードと、牛肉と赤ワインで作ったグレイビーソースをかけた一品。食べただけで幸せになれるようなクオリティーの高いメニュー。 聞くだけでも美味しそうなバーガーは「The Merchant House」で食べることもできるが、ストリートマーケットにも出店しているので、そこで食べることもできます。 「お昼ごはん何食べようか。夜ご飯何食べようか。」あなたにとっては何気ない選択でも、あなたのオーダー1つで、世界の誰かを救えるかもしれません。

再生時間
00:01:10
配信期間
未定
タイトル情報
BuzzFeed Japan
日々のニュースからエンターテイメント、お役立ち情報まで、幅広い情報を発信。
GYAO! 広告

映像一覧