BuzzFeed Japan 「毎日その日が最後だと思って生きよう」2021年を悔いなく生きるためには
再生

ブラウザーで視聴する

BuzzFeed Japan 「毎日その日が最後だと思って生きよう」2021年を悔いなく生きるためには

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

BuzzFeed Japan 「毎日その日が最後だと思って生きよう」2021年を悔いなく生きるためには

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
BuzzFeed Japan 「毎日その日が最後だと思って生きよう」2021年を悔いなく生きるためには

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
BuzzFeed Japan 「毎日その日が最後だと思って生きよう」2021年を悔いなく生きるためには

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
BuzzFeed Japan 「毎日その日が最後だと思って生きよう」2021年を悔いなく生きるためには

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

BuzzFeed Japan 「毎日その日が最後だと思って生きよう」2021年を悔いなく生きるためには

BuzzFeed Japan 「毎日その日が最後だと思って生きよう」2021年を悔いなく生きるためには

まで

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)は、人々の暮らしに大きな影響を与えました。皆さんの生活は、どのように変化しましたか? コロナ禍を経て「自分らしい生き方」や「2021年をどう生きるか」についてどのように考えるようになったか、ジャーナリストの伊藤詩織さんに聞いてみました。 「小さい時に初めて自分のお小遣いで買った本があって、The Blue Day Bookっていうワイルドライフに生きる動物たちの姿と言葉が書いてあるんです。その中に“Live every day as it were your last because one day it will be”という言葉、日本語にすると、“毎日その日が最後だと思って生きよう。なぜなら、その日はいずれやってくるのだから”という言葉があったのですが、このコロナ禍になって今まで当たり前のように帰れていた場所、会えていた人に会えなくなって、その状況になって、本当にこの言葉を何度も思い出すようになったんですよね。だからやっぱり毎日毎日悔いのないように、そして周りの大切な人にはその感謝の言葉を伝えながら生きていきたいなというふうに2020年は思っていました」 「どの仕事をしようか、何を食べようか、そんな些細なことでも自分の悔いのないように選択していったら、自分らしい生き方に辿り着くんじゃないかなと思っています。時にはその選択したことで失敗が起きてしまったりすることもあると思いますが、自分で自信を持って選択した事実があれば、どんなことが起きても責任を持って立ち上がれる力ができるんじゃないかなと思っています」 日々の一つ一つの選択、自分に素直になること。これがしたいということに常に問いかけるっていることで自分らしい生き方ができるんじゃないかなと思っているそうです。そして、伊藤さん自身も模索中だと語ってくれました。

再生時間
00:01:32
配信期間
タイトル情報
BuzzFeed Japan
日々のニュースからエンターテイメント、お役立ち情報まで、幅広い情報を発信。