BG~身辺警護人~ 【新シリーズ放送記念】 第6話 2018年2月22日放送分
再生

ブラウザーで視聴する

BG~身辺警護人~ 【新シリーズ放送記念】 第6話 2018年2月22日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

BG~身辺警護人~ 【新シリーズ放送記念】 第6話 2018年2月22日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
BG~身辺警護人~ 【新シリーズ放送記念】 第6話 2018年2月22日放送分

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
BG~身辺警護人~ 【新シリーズ放送記念】 第6話 2018年2月22日放送分

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
BG~身辺警護人~ 【新シリーズ放送記念】 第6話 2018年2月22日放送分

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

BG~身辺警護人~ 【新シリーズ放送記念】 第6話 2018年2月22日放送分

BG~身辺警護人~ 【新シリーズ放送記念】 第6話 2018年2月22日放送分

まで

「BG~身辺警護人~」新シリーズ放送記念! 日ノ出警備保障に元内閣総理大臣の鮫島匡一(橋爪功)から警護の依頼が入る。通常、総理大臣経験者には警視庁のSPが警護につくものだが、政府の決定でSP警護は終了に。しかし自宅に再三、無言電話がかかってくることもあり、鮫島は民間の警備会社に警護依頼をしたのだった。 村田(上川隆也)とともに鮫島の警護にあたることになった章(木村拓哉)は、鮫島の家の門柱に小石が4つ乗せられているのを発見する。総理在任中に恨みを抱いた者たちからの報復だろう、と話す鮫島。同時に、章は鮫島を監視する視線を感じ…? ※「BG~身辺警護人~」は複数回に分けて配信予定です。最終話まで無料でご覧いただけます。

再生時間
00:45:44
配信期間
タイトル情報
BG~身辺警護人~ 【新シリーズ放送記念】
我々の任務は、絶対警護。
“BG=ボディーガード” 「武器を持たず、人を護る民間の警護人」 日本において、警護する職業として一般的によく知られているSP(セキュリティーポリス)。彼らのように拳銃や殺傷能力の高い武器を持てない、あくまでも民間人に過ぎないのがボディーガード。しかしクライアントの依頼は絶対であり、どんな状況でも護らなければならない。 木村拓哉演じる民間警備会社のボディーガード・島崎章は、過去のある出来事をきっかけにボディーガードの世界からは身を引き、工事現場の警備員に。しかし身辺警護課の新設を機に復帰を決意。みずからのキャリアを隠し、イチ“新人ボディーガード”として身辺警護課に着任します。そこには章と同じように、さまざまな過去を抱えた男女が…。 命を左右する緊迫した状況に丸腰で立ち向かうボディーガードたち―― 人間描写の名手・井上由美子氏が男たちの熱く、泥臭い戦いの日々を鮮烈に、そしてリアルに描く… さまざまな人々の思惑が交錯する濃密な人間ドラマ!

次の映像

映像一覧