オリコン ANARCHY、“先輩”Zeebraの即興ラップムチャぶりにタジタジ
再生

ブラウザーで視聴する

オリコン ANARCHY、“先輩”Zeebraの即興ラップムチャぶりにタジタジ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

オリコン ANARCHY、“先輩”Zeebraの即興ラップムチャぶりにタジタジ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
オリコン ANARCHY、“先輩”Zeebraの即興ラップムチャぶりにタジタジ

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
オリコン ANARCHY、“先輩”Zeebraの即興ラップムチャぶりにタジタジ

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
オリコン ANARCHY、“先輩”Zeebraの即興ラップムチャぶりにタジタジ

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

オリコン ANARCHY、“先輩”Zeebraの即興ラップムチャぶりにタジタジ

オリコン ANARCHY、“先輩”Zeebraの即興ラップムチャぶりにタジタジ

 ラッパーのANARCHY(アナーキー)が20日、都内で行われた映画『WALKING MAN』の公開記念舞台あいさつに出席した。  イベントラストには、ANARCHYの先輩でヒップホップ・アーティストのZeebra(ジブラ)もゲスト登場し、公開を記念して花束をプレゼントした。Zeebraは、ANARCHYにラップのムチャぶりをするなど会場を盛り上げた。  同作は、ANARCHYの初監督作品。川崎の工業地帯を舞台に、極貧の母子家庭で育ち、人前で話すことが苦手な主人公・アトムが、不用品回収業で生計を立てる中でラップに出会い、突き動かされて、最底辺から抜け出すべく“歩き出す”ストーリー。  制作の経緯を問われたANARCHY監督は「俺がいきなり『映画を作りたい』と言ったのがきっかけ」と笑いながら明かすと「映画に関してド素人だったので、いろんな苦労はありました。でも勉強して学んでいった感じ。改めて映画って大変なんだなと思いましたね」。それでも「今、持っている力を全て出して作り上げました」と胸を張った。  同作に出演している女優の優希美青は、ANARCHY監督の第一印象について「今は素を知ってるけど、お会いする前はすごい見た目が怖いし、現場で『ふざけんな!』って言われたらどうしようと思っていた」と告白しつつ「全然そんなことなくて、ANARCHYさんがハッピーオーラを出してくれて、いい雰囲気で撮影が出来ました」と笑顔で回想。これにはANARCHY監督も「ギャップでモテるんですよ」と笑っていた。

再生時間
00:03:31
配信期間
未定
タイトル情報
オリコン
芸能情報を毎日更新!
GYAO! 広告

映像一覧